エンタメ

トニー賞でアジア人は受賞できる?過去に獲得した日本人受賞者の経歴は?

ニューヨーク・ブロードウェイで公開された優秀な作品に贈られる、偉大な賞「トニー賞」。
人種を問わず世界中の舞台役者が夢みるブロードウェイでの活躍は、もちろんアジア人の役者の方たちにも頑張ってほしいですよね!
そこでトニー賞を受賞したアジア人役者についてと、過去にトニー賞を獲得した日本人の受賞者についてまとめてみました。

Sponsored Links




アジア人で受賞した役者さんがいるの!?

トニー賞を受賞したアジア人の役者は誰?

映画界のアカデミー賞・音楽業界のグラミー賞・テレビ業界のエミー賞と肩を並べる栄誉ある演劇賞のトニー賞。

ニューヨークのブロードウェイの劇場で公開された作品のなかから、演劇作品賞や演劇主演男優賞、女優賞などの
全26部門の賞が授与される、舞台役者の人たちにとっては夢のような賞なのです。

世界中の役者たちが目指す舞台「ブロードウェイ」への出演をかけた争いは、きっと想像を絶するハイレベルなものなのでしょうね。

見事出演を果たした全俳優の割合は

・白人→70%
・黒人→10%
・ヒスパニック系→17%
・アジア人→3%

というなんともアジア人の私たちにとっては狭き門…!

夢見る人が集まる街ニューヨークのブロードウェイで活躍する場は、もちろん演者としてだけではなく監督やスタイリストなど数多くあります。

そのすべての仕事において、日常会話で母国語を話す習慣の多いアジア圏の私たちににとっては英語力の勤勉さも必要とされるので、ブロードウェイの制作に携わるというだけで相当な努力が必要だということが想像できますね。

過去にはそんな狭き門のさらに狭き門のトニー賞の受賞とい偉業を成し遂げたアジア人役者がいます。

それは「ミス・サイゴン」の主演のキム役を演じた「レア・サロンガ」さんです!

第45回トニー賞のミュージカル主演女優賞を獲得したフィリピン出身のサロンガさんは、あの超大作の「レ・ミゼラブル」にも出演されていたそう。
女優・歌手として活躍をされているということから相当な美声の持ち主なのでしょうね~。

そんなサロンガさん、宮崎駿監督作品の「となりのトトロ」のさつきとめいのお母さん役の英語版の声を演じたそう。
日本でもおなじみのトトロの物語の英語版なら気負わずに楽しめそうなので、まずはぜひ最初にチェックしたいですね!

トニー賞を獲得した日本人受賞者は誰?

以前俳優の渡辺謙さんがブロードウェイで主演をつとめ、主演男優賞としてトニー賞にノミネートされたことはかなり話題になりましたよね。

惜しくも受賞こそ逃しましたが、その話題作の「王様と私」は日本でも凱旋公開され大盛況をおさめたそうなので、さすが世界の渡辺謙です。

そして2013年に日本人で初となるトニー賞を獲得したのは、「キンキーブーツ」という作品でプロデューサーをつとめた「川名康浩」さんです!

日本で芸能事務所の仕事をしながら映画を学ぶために渡米をし、ニューヨーク大学で映画学を学んだという大変な努力家の方です。

その後ニューヨークで独立をしてプロデューサーとして大成功。

トニー賞の受賞者欄に日本人として初めて名を連ね、現在はトニー賞の選考委員までつとめているのだそう。

役者さんでなくても、そんなかたちで活躍している日本人の方がいたとは驚きですね~!

もう選ぶ立場なんてすごいな~!
Sponsored Links




ネットの声まとめ

トニー賞もうすぐで楽しみ!
受賞作品が日本でやったら絶対行きたい
一度でいいから本場で見てみたいなぁ
意外とニュースにならない気がするのはなぜ?
絶対生中継で見たい!
今年もWOWOW独占中継か
堂本光一がゲスト出演らしい
光一ファンも見逃せないな
トニー賞全部録画しようっと
トニー賞のポスターかっこいいな

出典:twitter

まとめ

努力家たちが集う最高の演劇賞のトニー賞。
今年はどんな作品が受賞するのか楽しみですね。
アジア人の受賞者が増えていくことに、今後期待大ですね~!

Sponsored Links




関連記事

  1. 吉田輝星のブレスレットのブランドは?女性ファンは多いの?

  2. 細木かおりに占ってもらうには?値段はいくらぐらい?

  3. パルムドールとは?北野監督に受賞歴はある?

  4. NMB48のライブ動画を高画質で見る方法!さや姉後の魅力も高い!

  5. ライブクイズアプリ大流行はなぜ?簡単に賞金獲得できるの?「刺激的」「興…

  6. DAOKOの紅白2018の見逃し動画の視聴方法!特別バージョンを高画質…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

人気記事

PAGE TOP