高校野球

東海大相模が劇的サヨナラ試合!県相模原に大苦戦の理由は?

東海大相模がまさか負けるかと思いましが、劇的サヨナラ試合を演じました。
甲子園2018の優勝候補の1つであった東海大相模がまさかの地方戦での敗退か!?と9回まで6-8でありました。

これだけ苦戦したのは
県相模原が強かったのか?チーム内のトラブルがあったのか?それともこの猛暑のせいなのか?
その理由をネットの声を元に明確にしてみました。

いやほんと、これテレビでやんなかったのもったいない!

*ご指摘に基づき一部訂正しました。

Sponsored Links




東海大相模が劇的サヨナラ試合!苦戦の理由は?

劇的サヨナラ試合をした東海大相模は甲子園、センバツの常連の北神奈川の強豪で、全国大会でも優勝候補に当たり前に載るチームであります。
これは説明不要かもしれませんが実際の数字で説明すると

例えば、高校野球優勝回数ランキングのサイトを参考にしますと

神奈川県での甲子園優勝を見てみると過去に6回

優勝6回

1961 法政二
1973 横浜
1998 横浜
2000 東海大相模
2006 横浜
2011 東海大相模

とありますように、最近で言えば00年と11年に甲子園優勝を果たしているわけです。

ちなみに

神奈川の準優勝回数は4回

1975 東海大相模
1983 横浜商
1992 東海大相模
2003 横浜

ということで、1975年と1992年も準優勝していて、強豪校に変わりないことが分かります。

さらに2018年春のセンバツにおいてもベスト4の準決勝まで進みました。

そんな東海大学相模ですが、今年の特徴はなんといっても4番をスーパールーキー1年生西川選手を起用した若手中心のチーム。
もちろんセンバツでベスト4いっているくらいですので例年と遜色ありません。

そんな東海大相模が苦戦した理由について分析します。

Sponsored Links




仮説1、県相模原が強かった

県相模原は中高一貫進学校で頭がいい高校ということで有名で、あまり野球が強いというイメージはなかったのですが、調べてみたところ…

2018年春 県大会3回戦進出
2017年秋 県大会2回戦進出

以下HPより引用

期生 秋季 春季 選手権
53 県二回戦
52 県二回戦 県三回戦 三回戦
51 県三回戦 県三回戦 四回戦
50 県準決勝(ベスト4) 県決勝 関東二回戦(初) 四回戦
49 県三回戦 県四回戦(ベスト16) 準々決勝(第3)(ベスト8)
48 地区予選 県三回戦 一回戦

つまり4年前は県の決勝にいっていますが、それ以外は県大会1~3回戦敗退がほとんどの高校です。

とにかく、ここ2,3年は全国レベルの高校ではない、と言えます。

追記>
しかし、この激戦区の神奈川において、リトルリーグ出身でない、偏差値の高い高校に入った選手で出来たチームで
ここまでの活躍には理由があると言えます。

2012年、現在の佐相監督が就任して以来、打撃を中心に変革を行ってきたようです。
佐相監督は『神奈川で打ち勝つ! 超攻撃的バッティング論(竹書房)』を発売された野球に関して非常に情熱を持った先生であり
全国を目指していた選手であるということには変わりありません。

今回は、全国レベルの高校でないと書いてしまいましたが大変失礼いたしました。
県相模原は佐相監督の元、競合ひしめく神奈川の中で秋についに4強入りし関東大会出場経験もあり
めきめきと実力をつけてきているのが実際のところであり
今回東海大相模を苦しめたのは、ある意味必然という人もいる。

仮説2:チーム内トラブル

今回ベストメンバーで臨んではいないようです。
今回目立ったトラブルはキャッチャーが補球しようとしたときに
ふらついたのか、転んだのかよく分からなかったのですが、頭をうつように倒れて運ばれました。
その後交代したのは正捕手とのことです。

つまりベストメンバーでない、油断した状態で対戦して追い込まれてしまった可能性はあります。

仮説3、ベストメンバー温存が裏目

恐らく投手・捕手ともにエースを温存したのが大裏目に出たということがひとつ言えると思います。

ただ、そしてエースをだしたところでも調子が上がらずという具合で9回まで解決策が見つからずにいってしまった感じと言えるでしょう。
しかし9回で決めることが出来る選手がいて良かったです。

Sponsored Links




ネットの反応

https://twitter.com/galloprace/status/1021661756374966273

https://twitter.com/sky7_nmi/status/1021667383335825408

いや、ほんと負けるかと思ったけど..本物は違う

まとめ

東海大相模と県相模原、実は途中から県立の進学校県相模原を応援してしまいましたが(つい弱い方を応援したくなる心理…)
やっぱり東海大学相模強かったです。

優勝候補がここで負けたらメンツが持ちませんからね。
背負っているものが違うといってもいいと思います。

それにしても9回裏で打った森下選手、メンタルが凄いなーと思いました。

これぞ甲子園(まだ予選..)!
甲子園前にいいものを見させてもらいました。

心臓がもたね~って感じのすごいドラマだったよ!
Sponsored Links




関連記事

  1. 明石商業ピッチャー中森選手や来田涼斗選手凄いな!「大阪桐蔭蹴った理由が…

  2. 横浜と花咲徳栄の予想はいかに?「野村くん次第」「監督の経験の差」

  3. 大阪桐蔭野球部メンバーの出身中学一覧と注目選手まとめ!「凄いのは根尾君…

  4. 甲子園始球式で松井秀喜と星陵の構図に歓喜の嵐!ネットの反応まとめ「奇跡…

  5. 甲子園2018の150キロピッチャー一覧!絶対見たい注目試合は?

  6. 愛工大名電野球部の出身中学校一覧!今年強い理由は?

コメント

    • えけ
    • 2018年 7月 24日

    やはり厳しい試合をしてきた(特に向上戦)県相
    とわりかし緩い試合をしてきた相模
    との差でしょうかね
    最後勝ところがWE ARE 東海大相模
    というプライドですかね
    兎に角DVD発売してほしいくらいの
    試合だったってのが速報だけで伝わります
    県相無念を背負った東相に期待です

      • glorydayspower-wp
      • 2018年 7月 24日

      コメントありがとうございます!
      緊張感の違いというやつでしょうか。
      これは生で全部見れた人は本当にラッキーな試合でしたね!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

人気記事

PAGE TOP