サッカー

W杯開幕戦で最弱ロシアが圧勝なぜ?反応まとめ「ドーピング検査どうなってる?」「本気でやっていればもっと強い」

W杯開幕試合で、史上最弱といわれているロシアがサウジアラビアに5-0で圧勝しました。
ネットでは早速ドーピング疑惑がささやかれているが、果たして真相はどうなのでしょうか?

Sponsored Links




W杯開幕戦で最弱のロシアが圧勝したのはなぜでしょう

開催国は1930年の第1回ウルグアイ大会から初戦で負けたことがないという「不敗神話」は続くのかと
プレッシャーのかかったロシア代表であったが、サウジアラビア代表に5-0で圧勝しました。

ロシアスポーツと言えば、ドーピング疑惑で、リオ五輪や平昌五輪では、
国として、出場できなかったのは、記憶に新しいところです。

今回FIFAランクで出場32か国中、最下位の70位ロシアが、最下位から1つ上の67位のサウジアラビア相手とはいえ、
予想外の圧勝に驚きがひろがっています

開催国としての地の利だけなのでしょうか?ロシアのドーピングに関するこれまでのニュースをまとめましょう。

ロシアのドーピング疑惑

2016年マクラーレン報告書 ロシアのサッカー選手のドーピング疑惑も含まれていました。

2017年6月24日の報道 FIFAは2014年ブラジルW杯に出場した全23選手がロシアの国家的なドーピング隠蔽に
関わっているかどうかを調査しており、他に11人のサッカー選手が同様の疑惑をもたれているという。

2017年6月29日の報道 世界アンチ・ドーピング機関(WADA)はドーピング検査のため
ロシアのサッカー選手から155の尿サンプルを押収した

2018年5月23日の報道 国際サッカー連盟(FIFA)は22日、ワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場するロシアの代表候補に、
ドーピング違反が認められる選手はいなかったと発表した。W杯に出場する可能性のある選手の検体を優先的に調べたとのことです。

大会直前に、少なくとも出場する選手に対する疑惑は晴れたようだが、問題となっていれば、ロシア大会開催も危ぶまれるところであった。

但し、2015年11月にロシアから米国にを逃れて、2014年ソチ冬季五輪などにおけるドーピングを告白してきた
ロシアの反ドーピング検査所元所長のグリゴリー・ロドチェンコフ氏は、
元スポーツ大臣ヴィタリー・ムトコ氏から「いかなるスキャンダルも避けるよう」に指示された米国報道番組で述べた。

『陽性結果を隠して、いかなるスキャンダルも避けろ』『ドーピングは内部で処理する』と直接命じられたとし、
本人も、(陽性結果の)隠ぺいに加担したことを認めているということです。

これまで、ロシアサッカー界で、まったく疑惑がなかったとは言い難い状況です。

次に、この圧勝にネットの反応を見てみましょう。

Sponsored Links




圧勝へのネットの反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

圧勝で、ドーピングの威力が証明されたという意見から、逆にドーピングやっていれば
もっと強いはずなど、驚きの結果に無責任?な意見が噴出しています。

ロシアのFIFAランキングのこの10年の推移を見てみましょう。

ロシアのFIFAランキング推移

2009年から2010年の10位代から、2013年から2015年の20位代そして、
2016年以降の60位代と、ランクはこの10年で下降の一方です。

2016年にサッカーを含むロシア陸上界の疑惑を指摘したマクラーレン報告以降に、
ドーピングが使えなくなったためだとの見方もできます。

まとめ

60位前後のチームにドーピングを行っても、決勝まで行けるかどうかわからず、開催国として、
そのような危険を冒すことを今回は避けたとすれば、
今回の圧勝は、開催国としての責任感と高揚がもたらしたものかもしれません。

ただ、今回の強さが本物かどうか、今後の上位にランクされるエジプト(45位)、ウルグアイ(14位)との試合を見守りたいと思います。

これで、W杯を見る楽しみがまたひとつ増えました!

Sponsored Links




関連記事

  1. カリウスのリバプール敗北に至る痛恨のミスの詳細とは?イケメンGKにサポ…

  2. ハリーケインの評価とは?スピードはあるといえる?

  3. ナイジェリア代表ユニフォーム2018安いレプリカとオーセンどっちを買う…

  4. エムバペのスピードが半端ない!100mはいくつ?評価まとめ

  5. ロシアvsクロアチアの海外の反応!「延長戦にドラマが!」「両チームの決…

  6. ベルギー代表の注目選手3人を解説!ルカクとアザールに気をつけろ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

人気記事

PAGE TOP