健康

麻疹広がる沖縄いつまでに終息?「来月修学旅行に」「私妊婦だし、…悩む」

沖縄県で3月、台湾からの観光客によって、麻疹が広がり、患者の数は4月16日現在で0歳児から50代までの56人に上っています。
平成 26 年以来の感染患者発生だとのことです。

Sponsored Links




沖縄で広がる麻疹はいつまでに終息するでしょう?

麻疹の広がりはいつまでに続くのでしょうか?

まず、沖縄でどのように感染が広がったかを見てみましょう(沖縄県保健医療部 衛生環境研究所資料参照)。

沖縄での具体的な感染経緯

1. 台湾に在住の30代 男性Aが3月14日に発熱し、3月20日検査を実施したところ、麻疹感染が分かりました。
この間、3月17日から沖縄本島内を旅行していました。
2. 3月17日にAが利用した宿泊施設を、同じ日に利用した石垣市の40代 女性Bが
3月27日に発熱、受診し、3月29日に麻疹との検査結果が判明しました。
3. 3月18日にAが利用した飲食店の従業員の中部管内の30代 男性Cが
3月28日に発熱受診し、 3月29日に麻疹との検査結果が判明しました。

以上の2名を合わせて患者8名が17,18日にAと何らかの形で、接触したことが分かっています。

その後は、二次感染した患者による家族内感染や職場内感染を通じて、那覇市を始めとする沖縄本島に流行が広がり、現在56名となっています。
発熱が確認された患者は、3月30日、4月4日、6日、9日に5名から最大6名となっており、
4月11日以降1名以下と減ってきているものの、予断はできません。

麻疹は、インフルエンザなどの「飛沫感染」ではなく、「空気感染」による最も感染力が強いウイルス感染症です。
「空気感染」では小さく軽い粒子が、ふわふわと空中を長く浮遊することで、同じ部屋の中にいるだけでも感染する可能性があります。

麻疹の免疫がない集団に1人の発症者がいたとすると、12~14人の人が感染するとされ、感染した人の90%以上が発症します

周りへ感染させる期間は、症状の出現する1日前(発しん出現の3~5日前)から発しん消失後4日くらいまで(または解熱後3日くらいまで)とされています。

但し、麻疹ウイルスの空気中での生存期間は2時間以下とされていますので、感染者がいた施設をずっと避ける必要はないようです。

また、沖縄に4月上旬に旅行した10代日本人男性が、帰国後、埼玉県内の学校に数日間通い、
発症後に東京・品川から新幹線で帰省先の名古屋市で麻疹と診断され、全国的な流行が懸念されています。

東京都でも散発的に、麻疹感染の報告はあり、今年に入っても2名の感染があります。
最近の 1件は、20代、推定感染地はタイということです(4/11現在、東京都感染症情報センター資料参照)。

以上を見ますと、感染源は国内に定着したウイルスによる感染はなく、いずれも海外のウイルスによる「輸入はしか」です。

麻疹は発症しても有効な治療法がなく、ワクチン(2回の接種)で予防することが重要とされています。

現在、定期接種になる1977年より前に生まれた人、そして定期接種となっても1回接種のみだった人の中に、十分な免疫をもっていない人が多く残っています。

沖縄の感染患者データでは、多いのは20-49歳代ですが、接種したかどうか不明や1回のみ接種の患者が多く、
9歳以下の12名では、未接種の患者が多いようです。

定期接種していないはずの50歳以上は、全体の5%と意外と少ない患者数となっています。
ワクチン接種はしなかったが、過去の感染で、抗体ができている可能性があります。

重症化する可能性のある乳幼児や49歳以下の活動範囲の広いひとが早めにワクチン接種を受ける必要があります。

それでは、沖縄の麻疹はいつまで、続くと予想されるでしょうか?

沖縄感染終息宣言が出せるのは?

4月16日現在で、発熱患者の最終日は4月14日です。

国立感染症研究所感染症疫学センターの麻疹発生時対応ガイドラインによれば、
「麻疹患者の最終の発生から4週間経過しても、新たな麻疹患者. が発生をしないこと」というのが終息宣言を出せる日とのことですので、
4月14日が最終の発生日としても、5月連休を挟んで、5月中旬までは、終息宣言は出せないことになります。

沖縄県の方や、そのころまでに沖縄旅行を計画している方は、ワクチン接種をしておくのが、国内大流行を防ぐ意味でも重要となります。

1回のワクチン接種により麻疹の免疫ができる割合は約95%ですが、免疫ができないひとがいるため、
2006年6月から麻しん・風しんの混合ワクチン(MRワクチン)の2回接種が開始されました(3週間程度あける)。

血中抗体はワクチン接種後約2週間から出現しますので、沖縄旅行等を考えているかたは
早めに対応すれば、安心して旅行が楽しめると思われます。

Sponsored Links




沖縄で麻疹広がるに関するネットの反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。
沖縄旅行を心配されて、キャンセルするか悩んでいる方が多いようです。
予防接種したので、安心して出かけられますというコメントはありません。情報不足なのでしょうか?

まとめ

2017年の訪日外国人旅行者数の推計値は約2869万人となっており、
2020年東京オリンピックを目指してさらに大幅な増加が見込まれます。

麻疹に限らず、今回のような感染症の流行は訪日客が増える中、
日本のどこでも起きうる可能性があります。

発生した時の、速やかな対応や封じ込め策、発生を予防する方策を政府や県が今まで以上に考えて行く必要がありますが、
訪日外国人観光客旅行者3000万人時代ともなれば、個人としても正しい知識を持って日ごろから備えておくことが必要となって来ました。

Sponsored Links




関連記事

  1. 山口達也アルコール依存いつから?「病気の自覚がない」「退院した日にスリ…

  2. コカコーラクリアの味の感想をまとめた結果!「職場でも気にせず飲める!」…

  3. なぜビーガンになるのか?ベジタリアンとの違いはどこに「変なの流行らすの…

  4. 乗り物酔い防止メガネをシトロエンが開発!その原理と効果は?

  5. デング熱日本2018の発生を防ぐ!ボウフラを完全駆除するには?

  6. 耳掃除はすべきでないにネットは炎上?「不潔だなぁって」「気持ち良かった…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

人気記事

PAGE TOP