MLB

マルドナードとは?経歴は?大谷翔平快挙の鍵を握った捕手!反応まとめn

メジャー初先発で初勝利を挙げた大谷翔平快挙の鍵を握ったのは、捕手マルドナードであった。
マルドナードとはエンゼルスでどのような経歴・実績を持った捕手なのであろうか?

Sponsored Links




マルドナードとは?経歴は?

逆転被弾後のスプリットを多投した快投で、その後を、ヒット0に抑えた大谷翔平は初勝利後に、次のようなコメントを残した。
「(マルドナード捕手は)低めのフォーク(スプリット)にすごく反応が良く、1球もそらさずに丁寧に捕球してくれた。
そこはすごい感謝したいですし、(気持ちを)切り替えるきっかけにもなった」。

では、マルドナードとはどんな選手なのであろうか?(Wikipedia参照)

マルドナード捕手とは?

プエルトリコ出身の31歳、MLBでは6年間所属したミルウォーキー・ブルワーズから移籍し、
昨年からロサンゼルス・エンゼルスに所属した。7年間の平均打率は、0.218で、
打力より捕手としての守備力が買われていると見られます。

昨年は、3つの守備表彰のゴールドグラブ賞、優秀守備選手賞、
フィールディング・バイブル・アワードをいずれも初めて受賞しました。
すなわち、2017年にエンゼルスに移籍して、守備力が開花したと言えます。
出場試合数も、138と、これまでの倍、年間162試合の85%をこなしており、
首脳陣から主力捕手として信頼されて使われていると見られます。

守備力を裏付けるのが、守備に関わった回数のうち失策をしなかった守備率が0.998(失策数はわずかに2)と、
殆ど100%に近く、強肩で、盗塁阻止率も0.387の高さを誇ります。

その他、投手にとって、重要な際どいゾーンの球を球審にストライクと判定させるスキルである
フレーミング能力に優れていることで、特にきわどい低めに投げる大谷を大いに助けていると思われます。

これらの捕手としての彼の守備力は、次の2017年の動画で確認できます。


(フレーミングは48秒あたりから)

では、大谷快投の陰にマルドナードありの報道に対するネットの反応はどうでしょう。

Sponsored Links




マルドナード捕手についてのネットの反応

素人目線ですけど捕手ほんとにいいなあと思いました
結構逆球もあったし、スプリットもワンバウンドしたりで難しい球があるなか
後逸することなくきっちり捕球してくれてるように見えました
さすがGG賞ということなのでしょうか
試合見たけど、捕手がほんとよく止めてたよね。
3ラン打たれて崩れちゃうかと思ったけど、なんとか踏ん張って打線にも助けられてほんと良かったー
これからどんどん良くなりそうだね。頑張ってほしい。
ケースやタイプが違うかもしれないが、野茂がドジャースで活躍したときも名捕手ピアザのおかげもあった。
やっぱり、投手を生かすも殺すも捕手との相性も大事やね。
野茂の時のマイク・ピアザを思いだした。「どんなボールでも何が何でも取る」って言っていた。大谷も、そんなキャッチャーと出会えて良かった!応援します!
捕手との相性は、投手にとって大事ですね。コミュニケーションをしっかりとって、次の試合に備えて欲しいですね。

出典:Twitter

大谷が出会えて良かったとマルドナード捕手の力を認めているコメントが多いようでした。

まとめ

主力の捕手と抜群の相性となると、大谷にとってますます今シーズンの二刀流の展望が開けてきます。
次の登板がますます楽しみになります。

■関連記事

Sponsored Links




  • コメント: 0

関連記事

  1. 右肘靱帯損傷の大谷翔平大丈夫か?ダルもマー君もやっていた!回復後はどう…

  2. イチロー退団はデマか本当か?反応まとめ「なんか切ない」「こんな扱いで使…

  3. 大谷翔平のホームラン動画メジャー編をまとめてみた!n

  4. 大谷翔平の通訳の水原一平の経歴は?大谷翔平を陰で支えるパートナー的存在…

  5. スタントンの年俸推移は?筋肉がヤバイ!【画像あり】n

  6. mlbオールスター2018 大谷のオールスター出場はどうなる?「打者で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

人気記事

PAGE TOP