MLB

大谷翔平次の出場予定一覧表を作ってみた(7/11改訂)!マー君やダルビッシュとの対決も楽しみ!

メジャーデビューして以降、良きにしろ、悪きにしろ日本を沸かせている大谷翔平の出場予定の一覧表を作ってみました。
果たして、和製二刀流はベーブルースを1年目にして超えることができるでしょうか?
(7/11改訂 6月分の予定に置き換えました。)

Sponsored Links




大谷翔平4月21日以降の出場予定

DHとして3本塁打、投手として2勝と衝撃の二刀流メジャーデビューした大谷翔平が投手としては
レッドソックス戦で初の敗北、DHとしても昨日はノーヒットと一休みしています。

エンジェルスも開幕からの快進撃が3連敗と一休みとなっています。

しかし、大谷、エンジェルス共にこのままでは終わらないはずです。

大谷翔平の打者として投手として次回の出場はいつになるのでしょう。

大谷翔平の次回出場は

次に、打者として、投手として出場するのはいつかとても気になってしまいます。

そこで、エンジェルスの試合予定一覧表を作ってみました。

エンジェルスの試合予定の日時

>打者として復帰しました。

*投手としての先発前後1日はDHとして不出場、投手登板は中6日ペース、が基本のパターンになっています。

現地日付
対戦相手 日本日付 曜日日本時間
7月10日

マリナーズ7月11日11:07AM
7月11日マリナーズ
7月12日11:07AM
7月12日
マリナーズ7月13日金 11:07AM
7月13日
ドジャーズ7月14日11:10AM
7月14日

ドジャーズ7月15日08:15AM
7月15日
ドジャーズ7月16日05:10AM
7月20日
アストロズ
7月21日11:07AM
7月21日

アストロズ7月22日08:15AM
7月22日アストロズ7月23日5:07AM
7月23日
ホワイトソックス
7月24日11:07AM
7月24日ホワイトソックス7月25日
11:07AM
7月25日ホワイトソックス

7月26日11:07AM
7月26日ホワイトソックス7月27日11:07AM
7月27日
マリナーズ7月28日11:07AM
7月28日マリナーズ7月29日10:07AM
7月29日
マリナーズ
7月30日05:07AM
7月31日レイズ

8月1日08:10AM
8月1日
レイズ8月2日08:10AM
8月2日レイズ8月3日02:10AM

投手としては、原則中6日での登板が予定されています。

打者としてはこれまでの実績で、DHが採用されない試合や登板予定の前日を除けば、毎試合出場するのではと思われます。

大谷選手を含めたスポーツ生中継を観るならDAZN(ダゾーン)!初月無料!

スマホで生中継を観れるのが当たり前の時代になりました。
いつでも、どこでもネットにつながっていてスマホさえあれば見ることが出来ます!
しかも初月無料です。

昔はダイジェストでしか見れなかったけど、今は最高。3HRはリアルで見たけど思わず声が出て叫んじゃった!これこそが生中継!

大谷選手だけでなく、女子テニス大坂なおみ、MLBイチロー・マー君、海外サッカー(夏からはチャンピオンズリーグも加わり完璧に!)、Jリーグ、いろいろ見れます。
1ヶ月無料がいつまで続くか分かりませんのでこの機会に是非登録することをお勧めします。

4/28はエンゼルスvsヤンキースだけど田中vs大谷みれないかな?

次に二刀流ベーブルースを超えるための条件を見てみましょう。

ベーブルースを超えるための条件とは?

NPBで5シーズンを過ごした現在23歳の大谷翔平と19歳でボストン・レッドソックスでメジャーデビューしたベーブルースを簡単には比較できませんが、まずベーブルースの記録を見てみましょう。

投手としては、1シーズン目は4回登板して2勝を挙げ、2シーズン目(20歳)に32回登板し、18勝を挙げています。
それから5年間に渡って、10勝前後を上げますが、ヤンキースに移ってからは、投手として毎シーズン1,2勝となり、打者に軸足を移したようです。

一方打者として、本塁打を10本超えるのは、5シーズン目に11本(23歳)の時です。
それ以降は、毎年倍増させて、10本以上が17年間続くことになります。
また。打率としては、2年目から3割をこえており、2シーズンを除くと19年間3割以上を維持しています。

ベーブルースを超えた二刀流と評価されるためには、1年目で、打者として10本塁打、打率3割、投手として10勝すれば、十分ではと思われます。

次に初めての不振?へのネットの反応を見てみましょう。

最近の大谷翔平へのネット反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

ノーヒットでも、注目と次回への期待を集めています。
大谷同様ファンもこれくらいではめげないようです。

まとめ

エンジェルス年間162試合中の20試合がやっと終わった(12%)ところです。
すでに本塁打は30%、勝利数20%を達成済みということになります。これまでができすぎだったというべきでしょう。
これからじっくり積み上げてほしいと思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 大谷翔平の復帰時期は?二刀流かDHか?海外の反応

  2. 大谷翔平負傷で田中将大との次回対決は?

  3. 大谷翔平あわや完全試合の詳細内容はこれ!「こんなに簡単に三振ってとれる…

  4. 大谷翔平初の4番DHの効果は?なぜ?n

  5. 大谷翔平のニックネーム候補14にファンの込めた思いとは?「Brotan…

  6. スタントンの年俸推移は?筋肉がヤバイ!【画像あり】n

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

人気記事

PAGE TOP