日記

火星大接近が過去15年ぶりに!「妖しさ満点」「5万7千年前も観測してた?」。

火星が7月31日に、過去15年ぶりとなる地球への大接近のピークを迎えます。
過去接近の時は何かあったでしょうか?
何か影響があるのでしょうか?
調べてみました。

観測したいな~
Sponsored Links




火星大接近が過去15年ぶりに!

火星が7月31日に、2003年以来15年ぶりとなる地球への大接近のピークを迎えます。
次回の大接近は17年後の2035年の予定ですので、今回がとても貴重な機会となります。

火星は太陽の周りを687日かけて公転しており、地球との距離は刻々と変わります。
火星が地球から見て太陽と反対の方角にあり、地球に追い越されるときに距離が近づくことになります。

約780日(約2年2カ月)ごとに地球と火星は接近しますが、火星は地球と違って楕円軌道を回るため距離が毎回変わります。
6千万キロを切ると大接近とされます。

以下が前回の大接近から次回の大接近までの時刻、距離、見える大きさ、明るさの計算記録です(国立天文台資料参照)。

火星接近の計算表

視直径:天体の形を円とみなして,見かけの大きさを直径で表したもので、角度の単位で測ります。
太陽,月の視直径はほぼ30分(0.5度)です。

等級:琴座の主星ベガ(織姫星)が「0等」とされ、これを基準にして他の星の「等級」が決められています。
等級の値が小さいほど明るい天体であることを示しており、また、0等級よりも明るい天体の場合の明るさを表すには負の数を用います。

太陽が-26.7。月-12.7、金星の最大の明るさが-4.7、火星の最大の明るさが-3.0、木星の最大の明るさが-2.9となっています。

したがって、今回は15年前の大接近にほぼ匹敵する大きさ、明るさで火星が見えることになります。

7月31日夜9時ごろ赤くとても明るい星が東南の低い空に見られ、
これが大接近した火星です。深夜にかけて上昇し南へ移動してゆきます。

最接近前後の数週間は、地球と火星の距離はそれほど変わりません。
また、8月に入ると空に昇る時間が早まり、観察しやすくなり、
明るい状況は9月ごろまで続くそうですので、7月31日の天候に一喜一憂する必要はなさそうです。

望遠鏡でも買おうかしら。これがよさそう…

火星大接近の過去を見てみましょう(Wikipedia参照)

火星大接近の過去

前回2003年火星は地球と約5575万0006kmの距離にまで最接近しました。
21世紀で、最大の火星大接近であり、これより近い大接近は、約6万年前の昔だったということです。

火星が赤く見えるのは、その表面に地球のような水の海が無く、
地表に酸化鉄が大量に含まれているためということです。

東洋でも、不吉の前兆とされたり、西洋占星術でも、凶星であり、
火星の不気味なまでに赤い輝きは、戦争を予兆するものとして、昔の人々には恐れられていたほどです。

また、火星探査は近年根強く実施されていますが、他の天体の計画より成績が悪く、
探査計画の約2/3が失敗に終わっており、呪われているのではという説があるほどです。

昔の人がどのような思いで、接近して大きく輝く火星を見たかを想像しながら観察するものも大変面白いのではないでしょうか。

Sponsored Links




火星大接近への反応まとめ

あれ火星だったんだ!
すごい赤いし大きいから目立ってましたー紅い。兎に角紅くて、妖しさ満点。上空から見られてる感がドキドキ。5万7千年前も観測してたのかな?
観測機器は何?
宇宙の事考え出すと不思議が尽きない。
最近(1週間近く前から)、夜空を見ると、オレンジ色に輝く星を、ずっと見てたから「なんだろうな~」って思ってたら、火星なのかな?
飛行機かと思ったら動かないし、まっさかUFOな訳ないし・・・って思ってた!
謎がとけたwww
都心でもよく見えると思ってたら、そう言う事だったのね。(^^)
天体ショーは意外と誰でも楽しめるところがいい!
以前の大接近の時には小学校で観測会やってた。
校庭からだと周りに建物が何もないからよく見えた。
今年もやるんかな?
前回はまだスマホが普及していなかった時代か。
気持ち悪いくらい赤く光ってる
昔の人は大接近した赤い火星をみてよくないことが起きる
なんて思ったかも
こんなに毎日雲も無く晴れてるのに、31日にかぎって、雨の予感。でも今回はいつでもいいから早く雨がほしい。
今から15年後に再び最接近した時に、人類は火星に降り立っているんだろうな、15年後の今頃は火星の話題は更に高まっているだろうね。
これも当然平成最後
何でもかんでも平成最後
しかしこの暑さは最後ではない

出典:ヤフコメ

すでに、赤い大きな星の存在に気づいていて不思議に思っていた人もいたようです。
遠い宇宙や昔のことに思いを馳せるような良い機会になっているようです。

まとめ

火星大接近の周期や過去、今回どのように観察すれば良いかをまとめてみました。

夜の天空を眺めながら、前回は15年前、次回は17年後と思うと、空間、時間を超えたロマンを感じます。

この機会に星空に興味をもってときどき目の前のせせこましいことから頭を切り替える機会を作れればいいですね。

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. 卵が割れない方法まとめ!レジ袋に入れる順序や自転車で運ぶ時の注意点

  2. 水族館の水槽が割れることがない理由!値段も調べてみた

  3. 渡辺雄太のすごさとは?田臥勇太を超える可能性は?

  4. 岩海岸の駐車場に間違いなく行く方法!「子供が喜ぶ」「泳ぎと磯遊び両方実…

  5. 谷川翔の兄弟・谷川航とは?経歴を調べてみた

  6. 生活保護ジャンパー問題から1年!職員の意識改革だけで解決するのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

人気記事

PAGE TOP