高校野球

甲子園決勝の始球式の2人は誰?若い頃のエピソードで納得!







甲子園決勝の始球式の2人は誰でしょう?私は初めて聞いた名前なので思わず調べました。

第100回を迎えた高校野球の選手権大会。
史上最多、56代表校の熱戦に注目が集まっている。
一方で、毎日の始球式もファンとしては無視できないイベントではないでしょうか。

今大会では毎日、「レジェンド始球式」と銘打たれ、高校野球で活躍した元選手が、始球式のマウンドに立っています。

甲子園決勝の始球式は誰と思ったら全然知らない人だった…
知ると面白いよ!!
Sponsored Links




甲子園2018決勝の始球式の2人は誰なの?

開幕戦の始球式は、星稜で5打席連続敬遠が、世論を巻き込む騒ぎになった松井秀喜氏。
今大会には母校の星稜が出場し、開幕試合に登場。
しかも後攻なので、松井氏の始球式の後に、後輩の現役選手がマウンドに立つ。
ドラマや小説のようなシナリオみたいだが、組み合わせは抽選で決まる。
開幕試合の始球式が松井氏、開幕試合が松井氏の出身校である星稜、星稜が後攻。
全て偶然にも重なった奇跡なのだ。

始球式の豪華な顔触れは、期間中、毎日続く。池田の水野雄仁氏、PL学園の桑田真澄氏、徳島商業の板東英二氏など高校野球で華やかな成績を残した著名人がマウンドに立つのだ。

ならば、甲子園2018の決勝戦の始球式は誰か?

井上明氏と太田幸司氏である。

一生懸命記憶をさぐったけどやっぱ出てこない

お二人とも今でも野球関連で活躍しておられます。
井上氏は京都府高野連で今年功労賞を受賞
太田氏は女子プロ野球スーパーバイザーの肩書きまであります。

Sponsored Links




太田幸司氏・井上明氏の若い頃のエピソードに納得

60代以上の方や、かなりディープな高校野球ファンなら、ご存知のお2人だと思います。
しかし若い方にはピンと来ない人もいるので、簡単に紹介させていただきます。

それは1969年の話、いまから49年前。

井上明氏は愛媛県立松山商業高校(以下松山商)のピッチャーとして、2年生と3年生の2年続けて、甲子園に出場しています。
初出場した2年生の時は、3回戦で三重高校に3-6で敗れています。

夏の大会が終わると、井上氏は「松商のエース」というプレッシャーに嫌気がさして、ショートへの転向を申し出ました。
しかし松山商は春の選抜を逃し、さらに井上氏からエースナンバーを引き継いだピッチャーが故障してしまいます。

監督の決断で再びピッチャーに戻った井上氏は、夏の県予選と地方予選、甲子園で勝ち進み決勝へと進みました。

一方、太田幸司氏は青森県立三沢高校(以下三沢)のピッチャーとして、2年の夏、3年の春、夏と3季連続で全国に出場しています。

アメリカ人とのハーフで、端正な顔立ちが女性ファンを熱狂させました。
選抜に出場した時には、女性のファンが存在していたそうです。

たしかに太田さんおじいさんになってもかっこいいな~

さて、太田幸司氏とは私が住んでいる、岡山県の代表と準決勝で戦っています。
奇しくも、18回の熱戦を演じた、決勝の大会。

準決勝も投げ合い、接戦を制した太田氏

当時、三沢と東中国の代表として出場した、岡山県立玉島商業高校(以下玉島商)とは、共に好投手を擁して順調に勝ち進んでいった。

準決勝で三沢は太田氏、玉島商は松枝克幸氏の両エースが先発のマウンドに立つ。
球場全体は、悲願の東北勢初優勝を目指す、三沢の応援がほとんどで甲子園のある兵庫県の隣、
岡山県の代表である玉島商の応援は地元勢の数千人しかいなかったらしい。

伸びがあるストレートとカーブを織り込み、緩急をつける太田氏の投球に玉島商打線は手が出なかった。
しかし、松枝氏がアンダースローで内角を突くストレートと打者の手元で落ちるシンカー、大きく弧を描くカーブを上手く投げ分け三沢もまた点を取れずに試合が進む。

息詰まる投手戦が、突如、終わったのは6回表だった。
先頭打者が3塁打を放つと、次の打者でキャッチャーが捕逸。三沢に先制点が入る。

キャッチャーが駆け寄り、松枝に声を掛けたが、捕逸した打者は四球で出塁、送りバントで1アウト2塁から三沢に3連打を浴び、さらに2点を奪われた。

3-0となった三沢だが、このままあっさり勝つとはいかなかった。
6回裏に太田氏は玉島商の3番、川口氏のヒットで1点を失い、8回裏には四球のランナーが盗塁と犠打で1死3塁。
ここで3番の川口氏を四球で塁に出すと、盗塁を決められ、1死2、3塁にしてしまう。

ここで太田氏は4番の松枝氏を迎える。
一打同点。しかも4番なので一発出れば、たちまち試合がひっくり返ってしまう。
太田氏と松枝氏の対決はフルカウントまでもつれ、太田氏が投じた6球目が内野フライとなり、最大のピンチを何とか乗り切った。

9回裏に玉島商は2死3塁から太田氏の暴投で1点を返すが、辛くも三沢が勝利を収めて、伝説の決勝へと駒を進めた。

こんな話を聞くと、岡山県民としては、8回裏に松枝氏が外野フライ、強めの内野ゴロでも勝てたのではと思ってしまう。

今おじいちゃんだけど昔は今の高校野球時のように熱かったんだね

伝説の決勝。延長18回

速球派の太田氏と制球派の井上氏の投げ合いとなった松山商と三沢の決勝戦。
特に三沢は東北勢初の優勝が懸かっていたので、青森だけでなく、東北の人たちが三沢を応援していたのではないだろうか。

しかし、淡々と両エースが投げ合って、延長18回を迎えたわけではない。
何度となく試合が決まりそうな場面はあった。

延長15回裏、三沢が1死満塁とサヨナラのチャンスを迎える。
打席には9番打者の立花氏。
松山商のエース、井上氏はスクイズを警戒し、3ボール0ストライクと絶体絶命の状況を招いてしまう。
4球目にストライクを取り、5球目は山なりのボールが少し前に出たキャッチャー、大森氏の低く構えたミットに収まった。

ボールかストライクか。
非常に際どいコース。もしボールなら押し出しで、三沢が東北勢として初優勝。
立花氏はボールを確信し、1塁へ歩き始めた。
立花氏の歩きを止めるように、郷司球審がストライクの判定をする。
カウントがフルカウントとなり、続く6球目はピッチャーの横に打ち返す。

打球に勢いがあり、井上氏がワンバウンドのピッチャーゴロをミットに当ててしまう。
3塁ランナーが還れば、今度こそ、三沢の初優勝が決まる!

しかし、この大事な場面で3塁ランナーが判断を誤ってしまう。
ピッチャーがライナーで捕球したと判断し、スタートが遅れてしまったのだ。
ショートがピッチャーのカバーに入り、ホームへ送球したため、ホームでフォースアウト。
続く打者がセンターフライとなり、このイニングは無得点で終わってしまった。
次の、16回裏も1死満塁からスクイズ失敗の併殺で無得点のまま延長18回引き分けとなった。

マジかー実は今でも東北勢の優勝はかなってないよ!この時が一番近かったのかも

再試合では連投した太田氏が、松山商打線に捉まってしまい4失点を喫する。18回の疲れが見えたのは、初回からだった。3番樋野に2ランを打たれ、いきなりの2失点。一方の松山商も井上氏が初回に1点を取られると、中村氏に交代させる。6回にもう一度井上氏をマウンドに上げるが、1アウトを取ると、またすぐに中村氏へ交代させた。

太田氏が一人で27イニングス投げぬいたのに対し、井上氏は19 1/3イニングスしか投げておらず、太田氏の疲労と負担は明らかである。

最後勝ったのは松山商であったが、全国民をテレビにくぎ付けにした大試合であったのだ。

Sponsored Links




始球式のネットの感想まとめ

今日のレジェンド始球式は徳島商OB板東英二さん。 延長18回25奪三振は自他ともに認める栄光の証! 明日は報徳学園OB金村義明さんが登場します!
始球式選手 18日 中西太 高松一 20日 第1試合 桑田真澄 PL学園     第2試合佐々木主浩 東北 21日 太田幸司 三沢 井上明 松山商  知らない人ばかりだけど調べるとへえ~って思う
夏の甲子園もクライマックスへ。今回話題なのがレジェンド始球式なのですが、実は、21日の決勝の始球式には和光市民が登場します。私が生まれた(笑)1969年の決勝戦で三沢の太田幸司投手と二日間にわたり投げ合った松山商の井上明投手がその人。なんと井上航県議の父上!
“怪童”中西太氏 レジェンド始球式 球児時代振り返る「甲子園に出るのが命がけ」
金村さん残念wwwww
レジェンド始球式が楽しみすぎる。明日は誰が投げるんかな
立浪らの代が春夏連覇してるんならレジェンド始球式に呼んでやったらとも思うけど、桑田がおるから同じ学校からは複数人(回)は呼べんのかな。
レジェンド始球式で存命確認。
レジェンド始球式は田邊副会長(泣) インコースにスローカーブが決まった(泣) なお、定刻より約30分遅れ(泣)
終戦の日に沖縄の星・安仁屋氏がマウンドへ

まとめ

現在は伝説となった松山商VS三沢の18回ですが、特に今年の選抜からは選手への負担を考慮して、延長13回に入ると、ノーアウト1、2塁から始まるタイブレークが適用されます。

あの一戦にタイブレークが適用されていれば、幾度となく試合は終わっていました。逆に、タイブレークが適用された今大会以降、0-0のまま試合が進む、「手に汗握る試合」の興奮が味わえないかと思うと残念にも思います。

そんなことを思っているうちに、風が涼しく感じてきました。涼しい風は熱戦が続く、高校野球の終わりを知らせるようで、少し寂しいです。

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. 済美vs大阪桐蔭の予想まとめ!「負けが想像できない」「済美vs金足を観…

  2. 花咲徳栄の読み方は?なぜ昔風なのか調べてみた

  3. 甲子園開会式に嵐の相葉くんがいるのはなぜ?シークレットライブでもするの…

  4. 金足農業vs横浜の予想まとめ!「吉田投手どこまで抑えられるか?」「矛と…

  5. 木更津総合野球部メンバーの出身中学一覧!野尻選手のプレーに期待!

  6. 日大三vs龍谷大平安の予想まとめ!「小寺君の疲労が心配」「案外投手戦に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

人気記事

PAGE TOP