エンタメ

カンヌ映画祭受賞の是枝監督の祝意辞退!北野監督の場合は?

「万引き家族」でカンヌ国際映画祭の最高賞・パルムドールを受賞した是枝裕和監督が
林文科相からの祝意辞退を表明したことが話題を呼んでいます。
ヴェネツィア国際映画祭の最高賞「金獅子賞」を受賞した北野監督の場合はどうだったのでしょう。

Sponsored Links




カンヌ映画祭受賞の是枝監督の祝意辞退を北野監督と比べる

北野武監督はカンヌ国際映画祭では賞とは縁がなかったものの、1997年に「HANA-BI」で、
ヴェネツィア国際映画祭の最高賞「金獅子賞」を受賞しています。

当時は橋本龍太郎内閣の時代でしたが、この受賞について、政府や文部省が何らかの祝意を表したかといった情報は調べても出てきません。

北野武監督自身も、1986年のフライデー襲撃事件、1994年のバイク事故など、1989年に映画監督デビューしたものの、
日本ではほとんど映画監督として評価されていないもっとも落ち込んだ時期だったと述べています。

より広く、政府からの表彰という意味で、考えてみますと、今年4月春の叙勲受章者として、
北野武さんに旭日小綬章が贈られたことが話題になりました。

この時は、ネットで様々な反応がありました。

Sponsored Links




北野監督への旭日小綬章へのネットの反応

たけしに勲章とは、恐れ入りました。ついでにダンカン、東国原、らっきょ、板前らにもあげてください。
今回の勲章はオークションにかけても問題ないでしょ。
昔、タケちゃんは
「オレ、(フライデー事件で)前科モンだから
日本の勲章は貰えねー。」と言ってた記憶がある。
もう、そんなことよくなったのかな??
北野武が。よう分からん
ミックジャガーとたけしは
詐欺師だな
ガッカリだ
『芸人ビートたけし』は過去の人になってしまった。
彼にとって、それは本当に幸せなのだろうか?
ビートたけし(北野武)さん『旭日小綬章』受賞、おめでとうございます!
71歳(漫才師/映画監督/俳優)
北野武が、国から「旭日小綬章」を叙勲される。そして彼はそれを嬉々としてありがたく受け取るとのことだ。 ますます「世界の北野」が嫌いになった。 もし「こんなくだらねーものいらねえ。」と言って拒否したなら、少しは見直したのに。 彼はやたら「賞」を授与される…
北野武が旭日小綬章を受章し、タケシは「身に余る光栄・・」云々とコメント。バカだね、こいつは。勲章なんてものは「御用済みの証」でしかない。「御用済みの証」を有り難く頂戴するようではヤキが回ったとしかいいようがない。

出典:Yahoo,Twitter

毒舌で鳴らしていただけに、かなり批判的なコメントが多いようです。
これまで、辞退していたのが、今回受賞したとすれば、北野監督(71)も歳を取ったせいだとえるかもしれません。

是枝監督の祝意辞退についてのネットの意見を見てみましょう。

Sponsored Links




是枝監督の祝意辞退へのネットの評価

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

評価する声が多いようですが、まったく政府の世話にならなかったわけではないじゃないかとの批判的な意見もあります。

しかし、映画の内容を見れば、日本の底辺の現状に批判的であることは確かでしょうが、
それが芸術として昇華されたものになっているからこそ賞が与えられたのだと思います。

まとめ

以前の北野監督ならいざしらず、現在の北野監督は今回の是枝監督の対応と大きな差があります。

また、政府も日本の映画文化を海外にもという戦略があるなら、大きな度量をもって、
受賞直後にお祝いの言葉を贈っていれば済んだことで、このような騒ぎにもならなかったのではと思います。

かえって、是枝監督自身も望まなかった形で、監督の気骨にスポットライトを浴びせてしまったのではないのでしょうか。

最近このような芸術家がいなかっただけに、すっきりしたとの感想が多かったのだと思います。

Sponsored Links




関連記事

  1. ヨサコイソーラン祭り札幌でディズニーはなぜ登場?ネット中継されるかな?…

  2. パルムドールとは?北野監督に受賞歴はある?

  3. アリアナグランデの新曲”God Is a Woman…

  4. BNK48の人気メンバーはAKB総選挙で上位に食い込むか?総選挙に異変…

  5. 大坂なおみが恐怖体験したジップラインとは?「怖気づいて動けず息もできな…

  6. 二度目の人生を異世界での原作者まいん氏はどこで間違ったか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

人気記事

PAGE TOP