陸上競技

川内優輝ボストンマラソン初優勝に海外の反応は?「明日仕事に戻るって」「スポンサーなしなんて」n

川内優輝がボストンマラソンで、瀬古利彦以来31年ぶりとなる初優勝を飾った。これに対する海外の反応とともにその勝因を見てみましょう。

Sponsored Links




市民ランナー川内優輝のボストンマラソン優勝への海外の反応

川内優輝(31)が、瀬古利彦以来31年ぶりとなるボストンマラソン優勝を成し遂げました。
市民ランナーとして、日本陸連のサポートなしに、短期間に連続してフルマラソンに出場するなど、常識外の練習法で、記録を積み上げてきました。

まず最近の川内優輝のフルマラソンの記録を見てみましょう(Wikipedia参照)。

最近のフルマラソンの記録

昨冬も2週間の間隔で、2時間10分台を出しており、今年に入っても毎月フルに出場して、
2時間20分以内の記録を着実に出しているのは驚異です。

この1年半を取っても、非常に安定していることが分かります。これが、フルマラソンを2時間20分以内で完走した最多記録(78回)につながり、
3月26日にギネス世界記録の公式認定証を授与されたことでも分かります。

今回優勝をかざった勝因を見てみましょう。

勝因は?

1.  昨夏、ボストンマラソン3連覇のビル・ロジャース(米国)から出場への招待を受け、出場を即断した。
2.フルマラソンを2時間20分以内で完走した最多記録(78回)で、ギネス世界記録の公式認定証が贈られた後の初めての大会であった。
3.レースは厳寒が予想される中、十分な準備をしていた。
昨年末のコース試走に加えて、今年正月のマーシュフィールド・ニューイヤーズデイ・マラソンで、-17℃の厳寒で走るなど、寒さ対策を十分していた。
もっともこのマラソンは、フル登録3名、完走者川内のみという結果だったようですが。
4. スタートからダッシュで飛び出す作戦が当った。当初は、昨年3位の大迫選手の走りを参考に、前半は「目立たないように」と集団に潜むと宣言していたが、強い雨が降る悪コンディションの中、中間点を先頭集団の中で1時間5分59秒で通過するなど、スタートからダッシュし、後半持ち前の粘りで、昨年優勝ジョフリー・キルイ(ケニア)を残り2.195キロで逆転した。

初のアマチュアランナーによるボストンマラソン制覇に関する海外の反応みましょう。

川内優輝のボストンマラソン優勝に関する海外の反応

(現在の)トップレベルランナーは、東アフリカ人に占められている。彼は日本人です。ほとんどのエリートマラソンはグループとコーチとでとレーニングを行い、企業がスポンサーについてフルタイムで練習できます。 1日2回、高い緯度で過ごし、最新の設備、栄養、スポーツ科学にアクセスできます。ところが川内にはコーチやトレーニンググループも企業スポンサーもついていない。彼はフルタイムの公職について、1日1回のトレーニングをしています。
これは本当に驚きだ。
彼は自宅のジムを作ったし、訓練の哲学よりも過去の偉大なランナーの方法を見ている。彼は日本でも人気があり、世界中のファンを抱える数少ない長距離ランナーの1人です。

それは冗談みたいなものです。彼は平均的な強さとスタミナのトレーニングをしただけだったのに、多くの強者を吹き飛ばし、世の中で、一番強い者になってしまった。

彼は自分の成功が勤勉さと献身だけによると信じていますが、彼の周りのすべてのヒーローは彼がちょうど馬鹿げた才能を持っていると見ています。

川内については、彼が最近発表した別の記録にも驚くばかりで、これは彼の純粋な強靭さを実証しています。 川内は凍るほど寒かった(-17〜-16℃)Marshfieldの新年のマラソンで、2:20:00を切りました。彼はただマシンのようにそれらを叩きだします。彼は現在、サブ2:12から2:20を切るまでのすべてのサブXレコードを所有しています。暖かければ、おそらくアフリカ人にやられていたでしょうが、今日はそうではありませんでした。今日は川内の日だったし、レースはいつも最高のコンディションで最速のタイムが出るのではなく、時には最も厳しい日に最もタフなランナーの日となることもあります。

北東部に住んでいる人として、私は間違いなくマーシュフィールドや他の場所での彼の経験がこの結果を助けたと思う。暖かかった場合、彼は少し時間が速くなったかもしれませんが、典型的なエリートにとっては彼以上に良い結果を出したでしょう。

もし彼が仕事としてこれをしたら、彼はどんなことまでできるのだろうか?

大多数のマラソンは彼のようなものです。彼らは長距離を走るますが、彼らのほとんどがスポンサーシップなどを持っているなどとという考えは冗談としか思えません。

彼は明日仕事に戻る必要があります

明日は日本ではないのですか?

あなたは日本人がオーバワークしていると言いたいのだと思いますが、それは多くの天然資源を持たなくても彼らが裕福である理由かもしれません。

私は現代の訓練方法論がこの分野の正しい疑問に答えていないため、現実の訓練方法論について疑問を抱いている。

何人かの人々は優秀な遺伝子を持っていますが、それを変えるために訓練できることなど何もありません。走る情熱に加えて、川内の心臓が異常に大きいのかどうか?

現代のトレーニング科学で彼を調べてみなければ、彼がやっていることがより良いのか、彼自身が良いかどうかを知る方法はありません。

出典:www.reddit.com/

スポンサーのない市民ランナーであることが一番の驚きのようです。
明日仕事で日本に帰ると話したことから、日本人の働き過ぎなど
経済論議や、トレーニング法まで様々な議論を呼んでいます。
次に、喜びに沸く日本の反応を見てみましょう。

Sponsored Links




川内優輝初優勝に関する日本の反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

やった!という驚きと喜びにあふれています。

まとめ

東京五輪挑戦の完全否定して日本代表からの引退を表明したときに川内選手はこう述べています。

「今後は日本代表という立場ではなく、自分の時間の中で海外の試合に多く出ていきたいと思います。
世界中の大会に出て人脈を作り、日本人でもこういう形で世界で戦える処を見せていきたい。
好きな大会で好きなだけ走り、これからも自分を追い込んでいきます」

日本のみならず海外に衝撃を与えた今回の快挙が、彼のマラソン哲学の大きな果実となり、
世界の市民マラソンランナーにインパクトと希望を与えました。

今回で、79回となったサブ20(フルで2時間20分を切る)を100回までやると宣言している彼のことですから、
今後も活躍が続き、日本のマラソン界に希望の光を灯し続けると思います。

Sponsored Links




関連記事

  1. 川内優輝の弟はプロだったの?記録を調べて見た結果

  2. 日本選手権2018男子100mの決勝時間と放送媒体は?ネット中継のリン…

  3. 公務員ランナー川内優輝がプロ転向!最大の理由は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

人気記事

PAGE TOP