MLB

結城海斗史上最年少でメジャー挑戦!米スカウトが注目したMCYSA全米選手権2017とは?

メジャーリーグ、ロイヤルズが今春に中学を卒業したばかりの結城海斗投手(16)とマイナー契約を結びました。日本史上最年少です。
昨年夏に米国イリノイ州で行われたMCYSA全米選手権での活躍にスカウトが注目したとみられます。

すごい決断だよね。これで成功したら快挙!
Sponsored Links




結城海斗史上最年少右腕でメジャー挑戦へ

結城投手は2002年度生まれで、河南リトルシニアに中学卒業まで属していました。卒業時点で、187cm、68kgの体格を持つ本格右腕で、
140キロ超の速球と切れ味鋭いスライダーを武器に、2016年リトルシニア日本選手権大会(ベスト8)でも活躍しました。

複数の甲子園常連校からの誘いを断り、将来、大リーグで野球をするために、日本の高校には行かないと、中学卒業と同時に渡米していました。

MCYSA全米選手権に日本代表として出場した結城海斗投手は、右のエース格として登板しました。

では、大リーグ球団のスカウトに注目したされたというMCYSA全米選手権2017とはどのような大会だったのでしょう。

MCYSA全米選手権2017とは

日本代表のチーム編成は以下です。
秋山和久監督(栃木下野)、緒方将介コーチ(新宿)、吉沢悠佑主将(調布)

選手権は日本とブラジル代表とアメリカの各州代表が優勝を争いました。日本代表は7月21日(現地時間)予選初戦で、
Wasco Wolverines (イリノイ)に高橋綾人投手の、13奪三振でノーヒットノーランを達成する大活躍で、5-0で勝利し、1位通過しました(タウンニュース参照)。

7月24日(現地時間)の決勝トーナメント初戦ではNortern Stars(イリノイ)を10-0で破り、
決勝ではPBA Demarini Wisconsin (ウイスコン)を3-2のシーソーゲームを制し、5連覇を飾りました。

その他投手以外では、宇野竜一郎(市川)が決勝戦において5番ライトで出場し、六回裏2死満塁で、左前2点適時打を放って3-2とし、
逆転勝利の立役者となった。彼も将来のプロ野球選手を目指しているそうです(産経ニュース参照)。

残念ながら、米国メディアのサイトにも詳細な試合経過はなく、おそらく右腕エースの結城海斗投手が決勝トーナメントで活躍し、
メジャースカウトの目にとまったと思われます(高橋投手は決勝には登板しなかったようです)。

詳しい活躍わからんのかーい

地元紙にも載っていませんので、日本メディアにはこれまでそれほど彼に注目していなかったようです。

今後、マイナー契約で、ルーキーリーグから1A、2A、3Aというマイナーを一歩ずつ上ってゆく必要があります。
各球団に所属する200~250人の選手のうち、メジャー契約にいたるのは40人(ロースター)ですので、
かなり厳しい関門をくぐりぬける必要があります。

また、生活も給料のみで生活するのは困難で、多くの選手はシーズンオフにアルバイトで別に収入を得たり、
他家に居候して食事の世話をしてもらうことで生活のやりくりをしているということです(Wikipedia参照)。

次に結城海斗投手のメジャー挑戦についてネットの反応を見てみましょう。

Sponsored Links




最年少でのメジャー挑戦へのネットの反応

50m6秒2 遠投115m
187cmの長身から投げる
最速141㌔の直球が武器
指にかかった時の直球は威力
抜群
線が細いので体が大きくなれ
ば更なるレベルアップが期待
できる!

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

若くしての決断に拍手を送るコメントが多数です。むしろ日本野球界の閉鎖性を批判する声もあります。

まとめ

MCYSA全米選手権2017の状況から、彼の決断とメジャーの後押しを推測してみました。

海外留学する若者が減り、ますます内向きになると言われている日本において、アメリカの厳しい環境に
あえて身を置いて夢を実現しようとする結城海斗くんの決断に敬意を払いたいと思います。

周りの協力も得ながら、是非この決断を成功に導いてほしいと思います。

Sponsored Links




関連記事

  1. 右肘靱帯損傷の大谷翔平大丈夫か?ダルもマー君もやっていた!回復後はどう…

  2. 大谷翔平の新人王なるか?候補のアンドゥハーを知ってる?

  3. 菊池雄星の年俸予想!メジャーでどうなる?大物と比較してみた

  4. イチロー引退の衝撃報道に海外の反応は?

  5. アクーニャJrの成績!そのすごさの秘密とは?

  6. トミージョン手術の大谷翔平の来年の年俸・出場はどうなるの!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

人気記事

PAGE TOP