サッカー

神戸移籍のイニエスタにW杯ロシア大会は3つの節目に!活躍は約束されている?

ヴィッセル神戸に移籍したイニエスタがスペイン代表として、自身4度目となるW杯に出場します。
3つの意味で、節目となる大会です。きっとすばらしい活躍を見せると思えます。

Sponsored Links




神戸移籍のイニエスタのW杯での活躍を約束する3つ節目

スペイン代表(10位)はロシアW杯でグループBに入っており、15日にポルトガル代表(4位)、
20日にイラン代表(37位)、25日にモロッコ代表(41位)と対戦します(6/7発表のFIFAランキング)。

特に初戦のポルトガル戦では、長年のライバルFWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)と対決します。
「クリスティアーノは現・欧州選手権王者のポルトガルにいて、どのチームにとっても要注意の選手。
ポルトガルは崩すのが難しいチームだと思っているし、彼らに勝つのは非常に厳しい。
我々は最高のレベルで戦わなければならない」とイニエスタも語っています。

まず、スペイン代表として出場したこれまでの3度のFIFAワールドカップについて見てみましょう。

FIFAワールドカップスペイン代表として

2006 FIFAワールドカップ(ドイツ) 本大会グループリーグではウクライナに4-0で、チュニジアに3-1で、
サウジアラビアに1-0で勝利して決勝トーナメント進出を決めたが、
決勝トーナメント1回戦でフランスに1-3で敗れた。
イニエスタはグループリーグ突破が決まった後の3戦目のみに出場した。

2010 FIFAワールドカップ(南アフリカ) FIFAランキング2位で臨み、スペインは初優勝を飾る。
特に、この時の決勝戦でのエピソードが彼の人柄を表しています。

IFAワールドカップ決勝のスペイン対オランダ戦で、延長後半に決勝ゴールを決めたスペインのアンドレス・イニエスタは、
得点後にユニフォームを脱いでアンダーシャツに書かれた「DANI JARQUE SIEMPRE CON NOSOTROS(ダニ・ハルケ、僕達はいつも共にある)」
という手書きのメッセージをさらした(この行為はイエローカードを受ける)。

これは、2009年8月8日、遠征先のイタリアのフィレンツェのホテルにて、急性心筋梗塞により急死した
親友ダニ・ハルケ(スペインのプロサッカーチーム所属エスパニョール)に捧げたものです。

イエローカード覚悟で、親友のためにこの時のために、準備し、それを実現した熱いスポーツマンだということが分かります。

2014 FIFAワールドカップ(ブラジル)
第一戦(対オランダ 1-5)、第二戦(対チリ 0-2)と敗戦により、早々に1次リーグ敗退。
メディアによるスタメン選手評価で、イニエスタは星一つ(他のメンバーは評価さえされなかった)。

前回、優勝チームが決勝トーナメントに進めないという屈辱を味わった。
これにスペイン代表としてリベンジするという大きな目的があります。

ところが、スペイン代表チームには、開幕2日前にして、監督交代という大事件が発生しました。
来季レアル指揮官就任が発表されたフレン・ロペテギ監督が電撃解任され、フェルナンド・イエロ新監督が誕生したのです。
ロペテギ監督は、就任してから現在まで公式戦で無敗を継続しており、5月にスペイン代表との契約を2020年まで延長したばかりでした。
ところが、12日、ロペテギ監督が来シーズンからレアル・マドリーの指揮を執ることが発表されました。

これに、スペイン連盟のルイス・マヌエル・ルビアレス会長が激怒し、W杯直前での解任に至ったというわけです。

たとえ、監督が代わっても、俺たちの持っているものを出せば、
やれるのだということを示してやりたいと思っているはずです。これが2つ目です。

そして、最後に、長年活躍したヨーロッパ、スペインの地を去って、日本に行くということです
22年間ずっと過ごしたチームバルセロナに別れを告げるというのは、非常に大きな決断だったと思われます。

今まで戦ってきたチームに行くのを避けて、ヨーロッパ外に新天地を求めたのだと言われています。
スペイン代表はこれを最後にして引退といううわさもあります。

イニエスタにW杯出場へのネットの反応を見てみましょう。

Sponsored Links




イニエスタにW杯出場へのネットの反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

日本チームを見るのはあきらめて、スペインを応援できるなど、イニエスタが神戸に来たばかりに、
親しさが増して、W杯の楽しみもより増しているようです。

まとめ

今回が最後のW杯かともうわさされるイニエスタですが、スペインを去って、日本に来る前の記念すべき大会に、
監督交代のごたごたを克服して、前回大会の屈辱を晴らすために、スペインチームでどんな輝きを見せるか非常に興味深い大会となります

Sponsored Links




関連記事

  1. 香川真司の海外の反応2018最新版!「彼はアジアの誇り」「大空翼みたい…

  2. セネガルvs日本戦ドローへ海外の反応は?日本の守護神が叩かれすぎている…

  3. クリンスマン監督とは?大胆改革でサッカー日本代表はどうなる?。

  4. サンチェス命拾いしたのにまたPK献上で心配広がる…。

  5. イニエスタの神戸移籍にワイン農場が絡んでるってどういうこと?

  6. ベルギーvs日本の放送時間と予想まとめ!「絶対勝てない」「0‐3で負け…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

人気記事

PAGE TOP