MLB

イチロー退団はデマか本当か?反応まとめ「なんか切ない」「こんな扱いで使い捨て」n

イチローが近々マリナーズから戦力外通告されるのではと地元紙が、伝えました。これは本当なのでしょうか?
単なるデマに過ぎないのでしょうか?イチローの現在の置かれた状況を分析して、真偽を探ってみました。

Sponsored Links




イチロー退団のニュースはデマなのでしょうか?

シアトルの地元2紙がイチローについて「別れの時は近い」「今週末か、来週早々かもしれない」と報じた。

怪我から5月初めに復帰すると目されていた正左翼手ベン・ギャメル(26)が水曜日に復帰し、スターティングメンバーとして出場し始めました。
イチローは20日(現地時間)のレンジャーズ戦で3戦連続のスタメン落ちとなり、2戦連続で出番がありませんでした。
外野手が5人いる現状は多すぎると指摘しています。

まず、5人の外野手(ロスター)の昨季と今季のこれまでの成績を見てみましょう。

マリナーズ外野手の成績比較

イチローは33打数で打率0.212、すべてシングルヒットとこれまでのところ打撃不振が続いています。
デビュー戦で、ホームランを阻止するなど華麗な守備で、マリナーズファンを魅了しましたが、
他の外野手(ロスター)比べると、打撃成績に大きな開きがあります。

マリナーズ内での打撃成績ランクで見ても、外れていたギャメル以外の3選手が
5位以内に入っているのに対し、10位と低迷しています。

昨季の実績からみると、5人中最も若いギャメルは、ホームラン数で2位、打率で3位、打点で1位の選手です。

マリナーズは恐らく復帰後のギャメルの調子を見極めたうえで、決断するのでしょうが、
彼が大不振に陥らない限り、イチローにとって厳しい決断が下される可能性が高いのではと思われます。

地元紙の記者も、この記事は決してイチローを貶めるものではなく、彼を尊敬し、愛していると述べ、
スコット・サービス監督は、リーダーシップのチームへの好影響などイチローの存在の重要性を語っています。
しかし、客観的に見たときに、17シーズンもプレーオフから見放されているマリナーズに郷愁に浸る余裕などないのかもしれません。

イチローとしては、当然本人も考えていたと思われますが、ギャメルが戻ってくるまでに3割に近い打撃成績を残す必要があったのかもしれません。

次にこのニュースに対するネットの反応を見てみましょう?

Sponsored Links




退団のニュースへのネットの反応


#


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

このニュースが本当なら、華々しい復帰デビューだっただけに、
このような短期間に!とファンはマリナーズの扱いに戸惑っています。

まとめ

イチロー近々退団のニュースは現状を考えると単なるデマと一蹴できないように思えます。

単に、観客動員や話題性のために、マリナーズがイチローの入団を決めたのだとは思いたくありませんが、
たとえ、今季イチローがメジャーでの野球人生を終えるにしても、彼にふさわしい形で終えさせてもらいたいものだと思います。

大谷翔平投手との5月対決をイチロー自身も、ファンも楽しみにしていたのですが、その夢はもう叶わないのでしょうか?

Sponsored Links




  • コメント: 0

関連記事

  1. 大谷翔平のニックネーム候補14にファンの込めた思いとは?「Brotan…

  2. マルドナードとは?経歴は?大谷翔平快挙の鍵を握った捕手!反応まとめn

  3. 大谷翔平の通訳の水原一平の経歴は?大谷翔平を陰で支えるパートナー的存在…

  4. 大谷翔平の来年の年俸どうなる?トミージョン手術で打者出場が気になる!

  5. アクーニャJrの成績!そのすごさの秘密とは?

  6. 大谷翔平あわや完全試合の詳細内容はこれ!「こんなに簡単に三振ってとれる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

人気記事

PAGE TOP