サッカー

本田圭佑はなぜカンボジア代表監督兼を選んだのか?3つの理由を推測してみた

本田圭佑選手がカンボジア代表の監督兼GM(ゼネラルマネージャー)として就任したことが発表された。
この報道には多くの人が驚きました。というのも「監督」就任で、もしかして選手を引退するのか?と思ったら
「選手をやりながら」という文字が。
いったいどういうことか?
これは前例がないことであり、本田選手は何を狙い、何を目的としてこのような形をとったのでしょうか?
その理由を、本田選手のコメントと、これまでの動きから推測してみました。

Sponsored Links




本田圭佑はなぜカンボジア代表監督兼を選んだ?

本田圭佑選手がカンボジア代表監督兼GMをメルボルンの選手としてプレーと同時にやるという報道。
まず最初に状況を整理していきましょう。

・本田選手はトップの監督ではなく「監督兼GM」でもうひとり「監督」もいる
・ちなみにGM(ゼネラルマネージャー)とは組織への「決定権」を持つ立場となります。
・本田選手がオファーされたのではなく、本田選手から志願したら、「本気なら」ということで受諾される
・本人が決めているミッションは
1、カンボジアサッカー連盟、各チーム、育成年代のすべてが同じサッカースタイルをつくること
2、サッカー以外のカンボジアの素晴らしいところを世界に伝えていくこと
出典:https://goo.gl/Vt8qRJ
・9月10日のマレーシア戦が監督兼GMとして初戦

としている。
つまりは、今までにない前例を本田選手自らやることを考え志願し受け入れられたと言える。

なぜそんなことをするのか?

これについては推測になってしまうが、伏線となる今までの本田選手の発言や動きがあるので紹介します。

カンボジア代表監督兼GMを志願した理由

個人的に気になっている動きが以下

・本田選手はビジネスに興味を持っている。
>一時はホンダコインが発行されるのでは?なんて噂も飛び交ったほど。仮想通貨に興味をもっていのは事実でしょう。
>さらに、米国ウィル・スミスと共同でファンドを立ち上げたことは有名です。

・本田選手は4年後の日本代表は目指さないと明言。
>つまり4年以内に選手でないところに落ち着く、また違う目標に進むことを暗に示していると思われる
そして、ある程度、自分の選手としての区切りをどこかで考えている、というのが分かる。

これに加えて、カンボジアという国の魅力について。

カンボジアはビジネスという視点からすると美味しい、と言える。
かなり途上国でありますが、人口はかなり多く、ビジネスの土壌としては狙う人が多いのはたしかです。

ビジネスをする人からすると、飽和状態の日本で何かをするよりも、言語の壁があるものの
途上国で開拓する方がチャンスや可能性が大きいと言えるのです。

つまりまとめますと、
恐らくビジネスの勉強をしている本田選手はカンボジアというサッカー未開国でサッカーを開花させることで
ビジネス的にもビッグチャンスであるし
かつ、自分が選手として区切りを考えているところで、監督としての可能性を試すというのにも繋がります。
そして、誰もやったことがないことをやる。
この3つの条件があったので、本田選手にとってはベストと考えてこの道を志願したのではないかと推測します。

Sponsored Links




本田監督にネットの反応は?

まとめ

賞賛と批判があります。
誰もやったことがないことをやろうとすると必ず批判も来ます。

本田選手は今までも我々の予想外をやってきました。今回、選手として衰えが来ているところでも
また予想外のことをしています。

そういえば中田元選手は、サッカーをやめて旅人として世界を回った後、今、日本酒を扱った会社の社長として
経営し、素晴らしい運営をしているということがテレビで報道されていましたね。

本田選手は、迷う期間なしに直行で次を考えているようです。
彼から学ぶことは多いです。

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. ベルギー対ブラジル戦の海外の反応!「オウンゴールの人国に帰れる?」「ク…

  2. ベルギー代表の注目選手3人を解説!ルカクとアザールに気をつけろ!

  3. ハリーケインの評価とは?スピードはあるといえる?

  4. ベルギー代表の強さとは?FIFAランクと特徴をまとめてみた

  5. イニエスタのすごさとエピソードを3つ紹介!スペインサッカーを最強に導い…

  6. ロシア代表なぜ強い?ランク差60のスペインを下し8強へ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

人気記事

PAGE TOP