高校野球

花咲徳栄の読み方は?なぜ昔風なのか調べてみた

甲子園に出場している花咲徳栄高校の読み方ってご存知ですか?
昔風な読み方をするんですが、いったいなぜなんでしょう?
ネットの反応なども見ていきましょう!

Sponsored Links




花咲徳栄の読み方は?

花咲徳栄高校といえば埼玉県加須市の甲子園常連校
野球が強い高校というイメージですが、卒業生の約6割が大学・短大に進学する進学校で、食育実戦科という珍しい学科も設置されています。
野球以外にもボクシング、水泳、女子野球、空手などが全国大会常連のスポーツ強豪校です。

そんな花咲徳栄を何て読んだらいいのか困ったことありますよね。
甲子園期間中は学校名を口にすることも多いですし、人前で間違った読み方をして恥をかきたくないものです。
気になったので読み方を調べてみました!

花咲徳栄は「はなさきとくはる」と読むようです!
とくえい」ではなく「とくはる」なんですね!

栄を「はる」と読むのは昔風の読み方ですが、いったいなぜそんな読み方なのでしょうか?
その理由を以下で見ていきましょう。

普通「とくはる」とは読めないよねー
なんでわざわざそんな読み方にしたのかな?

花咲徳栄はなぜ昔風の読み方なの?

花咲徳栄の栄を「はる」と読むのは昔風の読み方です。

「立派に見える。目立つ」という意味の栄えるという言葉があり、栄を「はる」とも読んだりするそうで、おそらく昔は比較的使われていたんでしょう。

いったいなぜ花咲徳栄の栄を昔風に「はる」と読むのか。
理由を調べてみましたが、残念ながらこれといった理由は出てきませんでした

栄という字が校名に使われたのは先代の理事長、佐藤栄太郎氏から取ったものだそうですが、それなら余計に「えい」という読み方の方が自然です。
花咲徳栄の卒業生ですら入試を受けるまで「とくえい」だと思っていて、かつ卒業後もその真相は知らないようなので本当の理由は謎に包まれています。

もしかしたら単純に変わった読み方にすることで目立つようにという意図なのかもしれませんけどね。

結局理由は謎のままか
そもそも花咲徳栄って1982年にできたわりと新しい高校だった気が

追記・関係者に聞いてみた

関係者に聞いてみたところ花咲徳栄の名前の由来については確認できました。

「花咲」については地域名です。加須市花崎にあります。
徳栄は、前述したように、先代の佐藤栄太郎氏が関係し「栄」を。ちなみに陸上で有名な埼玉栄高校、埼玉栄東高校もそうです。

生徒一人ひとりの徳を積んで欲しいという願いから「徳」を、それで花を咲かせてほしいという願いが込められているようです。
なので組み合わせで、徳栄、となったのですね。

で、なぜ「はる」と読ませたのか?

これまた明確な返事を頂けなかったのですが、話の内容からすると「花を咲かせる」ことと関係あるのでは?
花が咲くのは春です。
花を咲かせる願いを込めているとのことなので、最後「はる」と読ませる「粋」なことをしたのではないでしょうか?

最後の方は私の推測入ってしまいましたが、考案者がそう「読ませたかった」か、
考案者がかなり古いタイプの人間だったかのどちらかだと思います。けっこう新しい高校なので前者かなと。

Sponsored Links




「はなさきとくはる」にネットの反応は?

花咲徳栄って今までずっと「はなさきとくえい」だと思ってた
埼玉県民だけど、花咲徳栄が甲子園に出るようになって「とくはる」って読むの知った
どう読んだらとくはるって読めるんだよ
近年の活躍で「とくえい」と読み違えされることもなくなったね
とくはるは普通は読めない
とくはるって最初読めなかった記憶ある
甲子園に出て優勝して全国区になってから読めるようになった
何年か前の高校野球で「はなさきとくえい」って読まれてたな

出典:twitter

「はなさきとくはる」に対するネットの反応をまとめてみました。

まとめ

花咲徳栄の読み方や昔風の読み方の理由についてまとめてみました!
「はなさきとくはる」と読みますが、なぜそのような読み方なのかはわかりませんでした。

でもたしかいに「とくえい」よりも「とくはる」と読ました方が、響きはいいですね。

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. 東海大相模が劇的サヨナラ試合!県相模原に大苦戦の理由は?

  2. 奈良大付属の出身中学校一覧表と今年の強さと特徴をまとめてみた

  3. 甲子園開会式に嵐の相葉くんがいるのはなぜ?シークレットライブでもするの…

  4. 奈良大付属の青のプライドが凄い!ジントシオとチャンテって何?

  5. 日大三vs奈良大付の予想まとめ!「ピッチャー次第」「打ち勝つしかない」…

  6. 横浜高校野球部の出身中学一覧と出身プロ野球選手まとめ!県内出身者多数擁…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

人気記事

PAGE TOP