高校野球

八戸学院光星の出身中学校一覧表と今年の強さは?坂本勇人が語るチームの特徴とは

初戦で八戸学院光星はどのような戦いぶりを見せるか?
出身中学校一覧表と出身の坂本勇人の語りからチームの特徴と今年の強さを評価しました。

Sponsored Links




八戸学院光星の出身中学校一覧表と今年の強さの特徴は?

八戸学院光星の出身中学校一覧表

番号名前学年出身中学出身シニア等ポジション投打地方大会打率
1福山 優希3青森 八戸市市川中八戸東シニア投手右右.333
2秋山 龍生3茨城 取手市戸頭中荒川シニア捕手右右.462
3但井 智哉3鳥取 岩美町岩美中鳥取中央シニア内野手右右.300
4近藤 俊太3神奈川 横浜市秋葉中横浜旭峰ポニー内野手右右.524
5下山 昂大2青森 弘前市第四中弘前白神シニア内野手右右.364
6武岡 龍世2徳島 吉野川市鴨島第一中徳島ホークス内野手右左 .500
7東 健太郎3大阪 堺市上野芝中和泉ボ-イズ外野手右左 .333
8長南 佳洋3福島 郡山市安積中郡山ボ-イズ外野手右左 .500
9矢野 虎弥3大阪 大阪産業大附中大阪城東シニア外野手左左 .313
10中村 優惟3岩手 久慈市長内中中学軟式控え右右 1.000
11成田 太一3大阪 柏原市玉手中柏原シニア控え左左
12松谷 隆誠3大阪 藤井寺市藤井寺中羽曳野ボーイズ控え右右
13吉田 和永3大阪 松原市松原第六中河南シニア控え右右.000
14島袋 翔斗2沖縄 那覇市古蔵中志村ボーイズ控え右左 .000
15豊田 勝利3大阪 茨木市南中中学軟式控え右右
16伊藤 大将2大阪 寝屋川市第九中寝屋川中央シニア控え右右.500
17北林 英治3滋賀 甲賀市土山中湖東シニア控え左左
18太山 皓仁2大阪 大阪市加美南中中学軟式控え右左 .333

青森県内は2名のみで、関西地区の大阪から8名
2017年夏も青森2名、大阪6名
全国から有望選手を集めていますが、特に大阪をはじめとする関西地区出身の選手が多いようです。。

卒業後プロになった選手には、兵庫出身の坂本勇人内野手(巨人:29)、
大阪出身の北條史也(阪神:24)、田村龍弘(ロッテ:24)などがいます。

出場全チームの中でも、地元以外の選手の比率がダントツに高いチームで、
その意味で、全国から優秀な選手を集めているといえます。

八戸学院光星の今年の強さと特徴

甲子園は2年ぶり9回目の出場となる八戸学院光星の青森大会の結果は次のようになります。
2回戦 八戸学院光星8-1八戸工
3回戦 八戸学院光星7-0五所川原
準々決勝 八戸学院光星10-0大間
準決勝 八戸学院光星15-7青森山田
決勝 八戸学院光星6-4弘前学院聖愛

準決勝までの4試合はすべて2ケタ安打のコールド勝ち。
決勝を含めた全5試合でチーム打率0.410、9本塁打59安打46得点と猛打を誇るチームです。
一方、守備面でもわずか1失策と、堅実です。

一番の注目選手は武岡龍世内野手(2年)です。
徳島鴨島町出身で、小学6年から硬式の徳島ホークスに所属し全国優勝。
2014年鴨島一中1年時にはカル・リプケン少年野球世界大会日本代表に選ばれ、準優勝を成し遂げた経験を持ちます。
高校通算本塁打は8本です。

福山優希投手(3年)地元青森出身の2名のうちの一人。
球速145キロを投げる右腕で、フォークボール、カットボールの威力も十分。
2年からチームのエースとして活躍。

東健太郎外野手(3年) 長南佳洋外野手(3年)
二人とも本塁打を量産するなど長打力を誇り、強力クリーンナップを形成しています。

甲子園3季連続準優勝(11年夏~12年夏)の実績を持つ八戸学院光星が、
低迷期を乗り越え、今年こそ全国制覇を目指しています。

出身の坂本勇人が語るチームの特徴は?

坂本勇人内野手(29)は、兵庫・伊丹市の中学卒業後、光星学院高校(現・八戸学院光星)に進学し、
寮生活をしながら、3年の時に春の選抜に出場しました。

寮生活を送りながら、猛練習に耐えました。
猛練習には、冬の名物練習「種差海岸30キロ走」というのがあり、
雪などでグラウンドが使えない時期にバスで海岸に運ばれ、
30キロも浜辺を走り体と精神を鍛えたということです。

この強靭な体と精神がこのチームを作り上げています。

精神肉体がタフでないとやれないね!
Sponsored Links




八戸学院光星のネットの評価・反応まとめ


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

予想は圧倒的に八戸学院光星勝利となっており、応援の声が大きいようです。

まとめ

出身中学一覧や戦績、坂本選手の語りから今年の八戸学院光星の強みを見てきました。

全国から集まった才能ある選手が一緒に寮生活を送りながら、厳しい練習に耐えて、
心身を鍛え上げてチームの核を作っているという点が強みではないでしょうか。
地元のレギュラー福山投手、下山内野手との連携も良さそうです。

3期連続準優勝後の低迷期の悔しさを晴らしたいというのも躍進のためのばねとなりそうです。
特に決勝戦で2回も敗れている大阪桐蔭にいつかは雪辱して優勝したいという思いは非常に強いものがあると思えます。

今年こそ!
Sponsored Links




関連記事

  1. 浦和学院vs二松学舎の予想まとめ!「勝つのは浦和学院」「二松が浦和も破…

  2. 花咲徳栄野球部の出身中学一覧!ミラクル鳴門はどう戦うか?

  3. 龍谷大平安の出身中学一覧!今年の強さは?グランドがすごいぞ!

  4. 大阪桐蔭vs浦和学院の予想まとめ!「見た感じ浦学」「2完封で来てる」

  5. 智弁和歌山のジョックロックに元曲や作曲者は?そんな経緯があったのか!?…

  6. 甲子園歴代最高の試合の1つ!逆転サヨナラ満塁ホームランまでの逆転劇が凄…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

人気記事

PAGE TOP