エポスプラチナ

エポスプラチナはお父さんにおすすめ!実質年会費無料?マイルも貯まりやすい!

エポスプラチナはお父さんにおすすめできる、実質年会費無料とも言えるプラチナカードです。
マイルも貯まりやすいです!

子育て中だともの入りで、なかなか自分の趣味にお金を使えませんよね。旅行が趣味(特に飛行機)の方は特に航空券代がネック。エポスプラチナは飛行機旅が好きなお父さんにおすすめのプラチナカードです。

マイルで航空券をゲットすることによって、奥さんに「航空券はお金かかってないよ!タダだよ!」ということをアピールすると、一人旅も許してくれるかもしれません。(もちろん家族旅行で使ってもいいですが)私はANAマイルに買えて、往復6,000マイルで出来る「トクたびマイル」日帰り国内旅行を楽しんでいます。

エポスプラチナは使い方を工夫するとかなりマイル還元率の高いクレジットカードになります。マイラーにもおすすめのカードです。

またプラチナカードというと、お金持ちがもつカード!奥さまを説得できないし、、、と思われる方が多いと思います。実は考え方によっては年会費無料!特にお子さんがいる方にとってお得な特典があり、奥さまを説得しやすいカードです。

この記事では
1.なぜエポスプラチナは奥さまを説得しく子持ち向けのプラチナカードなのか、実質年会費無料の理由
2.エポスプラチナを持つメリット
3.どうやって取得するか
について説明します。

エポスプラチナは奥さまを説得しやすいおすすめのプラチナカード

エポスプラチナかなぜ奥さまを説得しやすく、おすすめの理由は以下の3つです。

年会費実質無料

エポスプラチナは年間100万円決済すると、ボーナスポイントとして20,000ポイントもらえます!通常ポイントとは別にボーナスとしてポイントがもらえるんです。そして年会費をポイント払いする仕組みがあるので、文字通り年会費無料になるんです。

クレジットカード決済で100万円!と驚いた方。コンビニやスーパーで現金で支払っていませんか?ガス代や電気代はいくらでしょう?たまに行くレストランや旅行代は?年間100万円というと1ヶ月約8万3,000円です。基本の生活費に臨時の支出(買い物、外食、旅行など)を合計すれば、これ以上使っているのでは?

いちいち支払いのたびにクレジットカードを出すのは面倒くさい!というあなた、エポスプラチナはマイルが3倍たまる便利な使い方があっていちいちクレジットカードを取り出さなくていいんです。記事の後ろの方で説明するので安心してくださいね!

実質年会費無料にするのはそれほどハードルが高くありません。

海外旅行の家族の障害、疾病補償が自動付帯

よく死亡保険で何千万、という保険金額を聞きますが、海外旅行で実際心配なのは怪我や病気ですよね。海外の病院では日本の健康保険は当然使えません。海外旅行に行くたびにネットや空港で海外旅行保険に入っていませんか?

エポスプラチナには海外旅行の際の傷害、疾病保険が家族の分も自動付帯でついてきます!自動付帯というのはエポスプラチナで旅行代金を決済しなくても補償がついてくるということです

傷害治療費用、疾病費用補償とも本人300万円、家族が200万円ついてきます。海外旅行のたびに入っていた海外旅行保険の費用が節約できるので、奥さまにアピールできますね!

奥さまもエポスゴールドに

エポスプラチナカードのオーナーが家族を招待することによって、家族が審査なしでエポスゴールドカードを取得することができます。
エポスゴールドは国内で数少ない年会費永年無料のゴールドカードです!

エポスゴールドの魅力はいくつかあるんですが
・ゴールドとプラチナはポイントの有効期限がありません
・空港のカードラウンジが使えます
・海外旅行の傷害、疾病費用補償が300万円
・飲食店、遊園地、カラオケ(ビッグエコー、カラオケ館など)、美容院、スパなどで優待がある(エリアによって異なります)
※優待のある店はカラオケだけではないのでオフィシャルページをご覧ください。

などがあります。年会費永年無料とは思えないメリットがあります!奥さまもゴールドカードオーナーになって特典を受けるとこによって、ママ友にも喜ばれますね!

エポスプラチナのメリットは?

奥さまを無事説得してエポスプラチナを入手すると、お父さん方にどのようなメリットがあるのか説明します。

モバイルSUICAチャージでポイント3倍

エポスプラチナのポイント還元率は0.5%です。これだけだとあれっ?思ったより少ない、、、と思いますよね。でもお得な使い方があるんです。
エポスゴールド、プラチナには「選べるポイントアップショップ」という仕組みがあって、選択したショップで決済するとポイント還元率が3倍の1.5%になるんです。このショップの中に「モバイルSuica」があって、

モバイルSuicaにチャージした金額の1.5%のポイントをもらうことができます。

Suicaの支払いに対応していないショップって少ないですよね。日常使うスーパーやコンビニはほとんど対応していると思います。私は普段の買い物は財布を持ち歩かないでスマホでモバイルSuica決済をしています。クレジットカードは1%で高還元率と言われていますがSuicaで1.5%還元は使っていても気分がらいいです。ちょっと優越感かんじます(^ ^)

マイルが溜まりやすい

エポスポイントはゴールドカード、プラチナカードの場合はエポスポイントを×0.6の倍率でANAのマイルに交換することができます。

例えば年間100万円決済した場合、
通常ポイント 10,000〜13,000ポイント
ボーナスポイント 20,000ポイント
ファミリーボーナス 1,000ポイント
合計31,000〜34,000ポイントが貯まります。
ANAマイルに交換すると、18,600〜20,400マイルに交換することができます。

ちなみに私は2020年1年間で200万円決済、60,000エポスポイントを獲得したので36,000ANAマイルを取得したことになります。
(コロナでマイルを使える状況ではないのでANAマイルには変更していません。ANAマイルには有効期限がありますが、エポスゴールド、エポスプラチナにエポスポイントは期限がありません。地味にメリットがありますね!)

先ほどエポスポイントでカード年会費が支払える、と書きましたがANAマイルは1マイル2.5円の価値があると言われていますので、航空券に交換方はカード年会費を払うより、ANAマイルに交換する方がお得です。

15,000マイルで韓国往復の航空券
20,000マイルで台湾往復の航空券
6.000マイルでANAトクたびマイル国内往復3回分

20,000円の年会費でプラチナカードのメリットを受けながら普通に決済しているだけで、これだけの航空券がゲットできるのはお得ですね。

コンシェルジュに手伝ってもらえば飲み会の幹事も楽々

プラチナカードといえばコンシェルジュのサービス。たった数万円の年会費でこれほどのサービスを受けていいのか!と思うほどのサービスです。
エポスプラチナで使えるコンシェルジュのサービスはVPCC(Visaプラチナ・コンシェルジュ・センター )といいます。エポスのコンシェルジュ、ではなくVisaのコンシェルジュです。

年会費38,000円のTRUST CLUBプラチナVisaカードや年会費55,000円のMileage Plusセゾンプラチナカードと同じコンシェルジュです。年会費20,000円のエポスプラチナで使えるとお得な気がしますね。

自分でグルメサイトを回ってお店を探すのもいいですが、時間と労力がかかって大変です。コンシェルジュを使って飲み会の店を選んでもらうと楽々です。条件をいえば、それにあったお店をいくつか提案してくれます。

ちなみに前回私がお店を探してもらったときに提示した条件は以下のようなものです。
・和食がいい
・コロナ対策に、個別に料理がでてくる(大皿ではない)
・予算は飲み放題つきで8,000円まで(あまり安いと若い人が多くてにぎやかすぎそう)
・体が大きい人がいるので、空間に余裕がある。
・声が大きい人がいるので、適度ににぎやかそうな店
・夜景がキレイ
こんな条件で探してもらい、3つお店を紹介してもらい、そのうちの一店舗で無事飲み会を開くことができました。友人たちにもとても喜んでもらえました。

コンシェルジュの方はただグルメサイトで検索するだけではなく、実際にお店に電話をかけて、席の空き具合など+アルファの情報を確認して提供してくれることもあります。

また幹事なので会計も参加者から集金してエポスプラチナで支払います。当然ポイントも貯まります。コンシェルジュの力を借りて、みんなが喜んでくれて、自分もポイントが貯まる、一石二鳥ですね。

エポスプラチナの特典はその他にも
・指定のレストランのコースで2名で行けば1名分無料になるグルメクーポン
・海外の空港のラウンジに無料で入れるプライオリティパス
など、プラチナカードで一般的に付帯しているサービスももちろんついてきます。

エポスプラチナを取得するには

エポスプラチナは直接申し込むことができますが、審査の基準ははっきりとは記載がありません。なかなか取得出来なくて苦労している方もブログやツイッターなどでみかけます。

そこでおすすめの取得方法ですが、
標準カードを作成
→インビテーションでエポスゴールド
→インビテーションでエポスプラチナ
を取得する方法です。
(※インビテーションはクレジットカード会社からの招待のことです。)

エポスゴールドのインビテーション

・エポスゴールドのインビテーションは50万円決済が目安
・支払い遅延なし
エポスゴールドは直接申し込むと初年度は年会費が5,000円かかりますが、インビテーションを取得すると最初から永年無料です。
(※一年間50万円を決済すると、その翌年からは年会費無料になります。)

ネットの噂ですが、一年で50万円程度決済するとインビテーションが届くようです。最短で半年程度でインビテーションがきた例もあるようです。
(※クレジットカードの審査はオープンになっていないのであくまで目安とお考えください。)

エポスプラチナのインビテーション

エポスゴールド→エポスプラチナのインビテーションですが、
・エポスゴールドで一年間で100万円決済
・支払いの遅延なし
が目安になるようです。
(※クレジットカードの審査はオープンになっていないのであくまで目安とお考えください。)
直接エポスプラチナを申し込むと初年度の年会費は30,000円ですが、インビテーションが来てから申し込むと最初から20,000円です。
(※一年間100万円を決済すると、その翌年からは年会費無料になります。)

エポスプラチナに直接申し込みだと審査に自信がない人
費用を出来るだけ抑えたい人

は、一般カードに入会してインビテーションをもらってエポスゴールドやエポスプラチナをゲットするのがおすすめですね!

エポスカード(一般カード)もなにげに有能

エポスカードをエポスゴールドやエポスプラチナの踏み台のような書き方をしてしまいましたが、エポスカードも実はかなり有能です。

海外旅行保険

傷害死亡、後遺障害 500万円
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用 270万円
賠償責任 2000万円
これらの補償が自動付帯でついてきます。

メインカードを別に持っていても、海外旅行保険の金額に不安な場合はエポスカードを発行して補償額を補填するのにもつかえますね。
(傷害死亡は一番金額の大きな保険が適用になりますが、傷害治療費用や疾病治療費用の補償は複数のクレジットカードの補償が合算できます。)

さまざまな店舗で割引や優待

飲食店、遊園地、カラオケ、美容院、スパなどで割引や優待がうけることができます。

ただしエポスカードの還元率は0.5%と低めなので、早めにインビテーションをもらって、選べるポイントアップショップ+モバイルSuicaの技が使えるエポスゴールドに切り替えすることをお勧めします。

まとめ

エポスプラチナは
・100万円以上決済でもらえるボーナスポイントで年会費が支払えるので実質無料
・海外旅行保険(障害、疾病も)が家族分も自動付帯でついてくる
・奥さまも年会費永年無料のエポスゴールを審査なしで取得可
・「選べるポイントアップショップ+モバイルSuica」で還元率1.5%
・x0.6倍でANAのマイルに交換可能
・コンシェルジュで飲み会の幹事もらくらく!

など、お父さんには奥さまに説得しやすく、奥さまにもお父さんにもメリットたくさんのカードであることを説明してきました。
最後のほうで書いたように、一般カードであるエポスカードも永年無料でメリットたくさんのカードです。
まず↓のリンクからエポスカードを発行、メリットをうけならが徐々に支払いを移行し、将来的にはエポスゴールドやエポスプラチナを取得してみてはいかがでしょうか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

人気記事

PAGE TOP