ボクシング

エマヌエル・ロドリゲスの戦績と強さ!井上尚弥と比較してみた

ボクシングIBFバンタム級王者エマヌエル・ロドリゲス選手の戦績と強さについてまとめていきます!
井上尚弥選手が出場を表明したWBSSにて戦う可能性もあるということで、井上選手との比較もしていきます。
それでは、早速見ていきましょう!

Sponsored Links




エマヌエル・ロドリゲスの戦績と強さまとめ

まずはエマヌエル・ロドリゲス選手の戦績と強さについて見ていきましょう。

エマヌエル・ロドリゲス選手は現IBF世界バンタム級王者で、プロ戦績は18戦18勝12KOと負けなしの無敗チャンピオンです。
18勝中12戦がKO勝利と、高いKO率です。

過去には、世界タイトルの他にもWBA、WBC、WBOのラテンアメリカバンタム級王座を獲得しています。

世界タイトルを獲得したのは今年5月5日のバトラー戦。
初めての世界タイトル挑戦で、かつ無傷の17連勝状態で挑戦したロドリゲス選手は、体重超過で王座を剥奪されたバトラー選手を初回から圧倒。
ダウンを奪いつつ3‐0の判定勝利で世界タイトルを獲得しました。

ロドリゲス選手はザ・リングのバンタム級ランキングで4位に入っていますが、世界タイトルを獲得したばかりで世間的な評価がまだそこまで高くない印象です。
大物との試合もバトラー戦のみで、バンタム級のホープとして期待されている時期なだけに、客観的に強さを評価するにはデータが少ないですね。

戦績はすごいけどあまり話題にならない選手だよね
どんな選手かデータが少ないなんて…不気味!

戦績一覧をまとめてみました。

回戦日時勝敗時間内容対戦相手備考コメント
16/1/20121R 12:28TKOハソン・アゴストプエルトリコ
27/7/20122R 2:48TKOハイメ・ゴンサレスプエルトリコ
38/31/20124R 1:36KOルイス・オルティスプエルトリコ
44/6/20136R 2:08TKOホセ・ルイスプエルトリコ
56/22/20134R判定3-0ラモン・エミリオ・セダノドミニカ共和国
68/24/20133R 0:42TKOエドワード・バルガスドミニカ共和国
710/26/20136R判定3-0フェリペ・リバスメキシコ
812/21/20138R判定3-0ダビド・キハノプエルトリコ
94/5/20148R判定3-0フェリックス・ペレスプエルトリコ
1010/18/20141R 1:49KOミゲール・カルタヘナ米国
112/21/20152R1:03TKOハボル・モルナルハンガリー
123/30/20153R1:04KOルイス・ヒノホサドミニカ共和国
138/22/20154R 0:44KOアレックス・ランヘルメキシコ
1411/25/20157R 2:44TKOエリエセル・アキーニョドミニカ共和国
156/3/201610R判定3-0アルバート・ゲバラメキシコ
165/25/20171R 2:21KOロビンソン・ラビナンサチリ
178/5/20174R 終了RTDヒオバニ・デルガドメキシコWBCバンタム級タイトルマッチ
185/5/201812R判定3-0ポール・バトラーイギリスIBF世界バンタム級タイトルマッチ空位のところを2人で争った。素人目にも良い試合
Sponsored Links




井上尚弥との比較は?

では、井上尚弥選手と比較してみるとロドリゲス選手は強敵となり得るでしょうか?

井上選手と比較して、ロドリゲス選手はスピードやパワーは並ですが、右ストレートや左フックを打つ瞬間の速さがすさまじいと評価されています。
ボディも効果的に使い、コンビネーションも上手いです。

一説にはゾラニテテ選手やバーネット選手よりもロドリゲス選手が一番厄介とも言われているようです。
とはいえ、全体的なボクシングセンスでは井上選手の方が高く評価されていて、実際に戦ったら井上選手の方が強いと予想する人が多い印象です。

現状では井上選手の方が世界戦でより結果を出しているので無理はないでしょうね。
ロドリゲス選手も弱いわけではないのでWBSSで戦った場合どうなるか楽しみです。

ボクも井上選手の方が強いと思うなあ
WBSSで戦えばどっちが強いかわかるね!

上記、じっくり見た後ですが、身体の線は細いですよね。他の選手と比べても。これは見た目の問題ですが。
なので、パワーはそんなじゃないのかなと思います。
やはりテクニックで勝っていると言えるでしょう。

ディフェンス、オフェンスとも技術が高く、かつ耐久力と賢さで負けなしの記録を作ってきたように思えます。

やってみないと分からないけど、あの薄いボディーに井上尚弥のパンチがあたってしまえば内臓やられるようにしか見えないんだが…
Sponsored Links




ロドリゲスのネットの評価

右ストレートや左フックのカウンターを打つ時は突然速くなる
ボクシングセンスでは尚弥が上回っている
井上より強いかは置いといて世界王者になる器なのは確か
井上にとってバンタムで一番脅威なのがロドリゲス
パンチが鋭く、スピードは井上より上に見えるから十分脅威
バランスがいい選手だけどテテ、バーネットよりも強いとは思えない
足のある選手を追えないところがプロになっても改善されていない

出典:yahoo知恵袋

ロドリゲス選手のネットの評価をまとめてみました。

まとめ

エマヌエル・ロドリゲス選手の戦績や井上尚弥選手との比較をまとめてみました!
無敗のIBF王者ですが、まだデータが少なく、未知の部分も多い選手という印象でした。
ネットでもロドリゲス選手は高く評価されていますが、まだ井上選手の方が強いと予想する人が多いです。
WBSSで実際に戦ったらどちらが勝つか楽しみですね!

村田諒太vsブラントのテレビ放送は?DAZNでついでにWTAファイナルズも!。

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. フューリーvsワイルダーのテレビ放送とネットで見る方法!体重差20㎏オ…

  2. カネロvsフィールディングのネット中継は会見と計量からライブ視聴できる…

  3. テテvsアロイヤンの予想まとめ!テテ負けもあり得る!?。

  4. アルバレスvsゴロフキンの判定に海外の反応は?「誤審再び!」「解説なし…

  5. ミラン・メリンドの戦績と強さは?拳四朗は防衛できるか?「過去最強の相手…

  6. 村田諒太vsゴロフキンの予想!スパーリング・共同練習を経て現在の実力差…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

人気記事

PAGE TOP