サッカー

クラシコとはどんな意味?サッカーファンは必ず知ってる伝統の一戦!

海外サッカーで「クラシコ」という言葉をよく耳にしますが、どんな意味か知っていますか?
サッカーファンは必ず知ってるキーワードですが、知らないという人も多いかと思うので、クラシコの意味についてまとめてみたいと思います!

Sponsored Links




クラシコとはどんな意味?

サッカー観戦をよくする人は、クラシコという言葉をよく見たり聞いたりするかと思いますが、どんな意味が知っていますか?

クラシコの正式名称は「El Clásico」これはスペイン語で「伝統の一戦」を意味します
そしてサッカーにおけるクラシコとは、スペインリーグ、リーガ・エスパニョーラ所属のレアルマドリードとバルセロナの試合のことを指します

レアルとバルセロナは古くからライバルとして激戦を繰り広げてきた名門クラブ同士で、クラシコはスペイン国内だけでなく世界中のサッカーファンから注目される試合なんです。

国内リーグでのクラシコはもちろん、UEFAチャンピオンズリーグでのクラシコはまさに世紀の一戦とも言うべき盛り上がりを見せます。

世界で一番盛り上がるサッカーの試合って言っても過言じゃないね
クラシコは毎回楽しみすぎる!

過去の記憶に残るクラシコ3選

では、過去にどんな試合があったのか、印象的だったクラシコを3試合紹介したいと思います。

まずは2010年11月に行われた試合です。

この時は、世界的な名将であるグアルディオラ監督がバルセロナを、モウリーニョ監督がレアルを指揮していた試合で、グアルディオラ監督のバルセロナは歴代最強とも言われていますね。

結果はバルセロナ5‐0レアルマドリードという衝撃的なスコアでした。
試合中、両チームで揉め事があったりとかなり白熱した試合だったのをよく覚えています。

2つ目は、2007年3月10日に行われた一戦。

この試合は世界一の選手の1人とされるリオネル・メッシ選手が初めて出場したクラシコです。
なんとメッシ選手は初めてのクラシコでハットトリックを達成
3‐3でチームを敗北から救い、ここからメッシ選手中心のチームへと変貌していくこととなりました。

3つ目は、2002年11月に行われた試合です。
この時はルイス・フィーゴ選手がバルセロナからレアルに移籍した後、バルサの本拠地に帰還した際の試合で、スタジアムは尋常ではない雰囲気に包まれていました。

というのも、レアルとバルサはライバルであり、敵対意識も強いことから、この2チーム間での移籍は「禁断の移籍」とされていて、その禁断の移籍をしてしまったフィーゴ選手に対してバルササポーターから大量の罵声が浴びせられ、ペットボトルやゴミ、さらには豚の頭までが投げ込まれました

あまりにも騒々しく、選手が試合に集中できないとして一時中断されるほどの荒れた試合となりました。
結果的には0‐0で終わったものの、歴史的にも珍しいほどに荒れたという意味で印象に残るクラシコでした。

今までいろんな試合があったんだなあ
これからも名勝負が増えていくでしょうね!
Sponsored Links




クラシコに対するネットの反応

クラシコ見に行きたいなあ
来週はクラシコか
今度のクラシコがイニエスタ最後か
バルサの最終節にクラシコってのもイニエスタにとって最高だね
クラシコ楽しみー!
今度のクラシコはスポーツバーいって観戦しようかな
来週のクラシコめちゃくちゃ楽しみ!
今季のラストクラシコはべストベンバーで見たかった…

出典:twitter

クラシコに対するネットの反応をまとめてみました。

まとめ

クラシコの意味についてまとめてみました!
クラシコはスペイン語で伝統の一戦を意味し、バルセロナとレアルマドリードの試合のことを指します。
世界で最も盛り上がる試合といっても過言ではないので、サッカーファンなら絶対1度は見るべきでしょう!

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. イニエスタ次回出場はいつ?見る前に知っておきたい3つのポイント!

  2. イニエスタとポドルスキの共演はヤバイ!2人の過去の関係は?

  3. フランスDFメリスとは?殺人タックル動画!ひどすぎて炎上

  4. 神戸移籍のイニエスタにW杯ロシア大会は3つの節目に!活躍は約束されてい…

  5. 西野ジャパンは弱いのか?ネットの評価をまとめてみた

  6. クロアチアvsフランスの優勝予想と対戦成績をまとめてみた!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

人気記事

PAGE TOP