健康

カフェインで元気はただの前借り?!衝撃の事実で足がガクガク!!

疲れているけど、まだまだ休めない。
そんな時にカフェインの力を借りる方は多いのではないでしょうか。
しかし、カフェインで元気になるのは実はエネルギーの前借りをしているだけだという驚きの情報があるのです。

今回はカフェインで元気になるのはエネルギーの前借りなのか、どれくらいの量であれば許容範囲なのかをまとめてみました。

前借りってことは、あとに響くの?!
Sponsored Links




カフェインで元気になるのは前借り?

カフェインをとると眠気が覚めますし、エナジードリンクは元気をくれますよね。
それが元気の前借りだとしたら、結構なハイリスクですよね。

確かに徹夜で作業をする際、カフェインはすごく効くけどその後ドッと疲れが来るような・・・。
カフェインでの元気になるのが前借りだというのには、変に納得してしまいます。

カフェインが含まれるものを摂取すると、眠気が覚めたり元気になるのは何故なのでしょうか。
それはカフェインが体に入ると、人が疲れると脳で働くアデノシンという物質が神経に作用するのをブロックするからです。

アデノシンが神経に働くと、体にブレーキが働き眠くなります。
つまりこのアデノシンをブロックするということは、ブレーキを一時的に効かなくするということですね。

ブレーキが効かなくなった体は、止まることなく加速します。
しかし体力が回復したわけではないので、体はどんどん疲労していくというわけです。

ゲームでエナジードリンクをとると体力に当たるHPのゲージが回復するので、ついつい勘違いしてしまいそうになります。

カフェインを摂取することで、眠気や疲労が取れたと勘違いしていると
また眠気や疲労が襲ってきた時にカフェインを摂取しようとしますよね。
継続的にカフェインを摂取していると、同じ効果を得るのに量を増やす必要があるそうです。
そうなるとカフェインの許容摂取量を超え、カフェイン中毒になってしまう可能性があります。

では、カフェインの許容摂取量とはどのくらいなのでしょう。

カフェインの許容摂取量。具体的には?

カフェインの1日当たりの許容摂取量は成人で400mg、中学生以上の未成年なら200mgです。
1000mgを超えると不整脈や手の震えなどの症状が出ることがあり、5000mg以上で死の危険性があります。

また、カフェインンの許容量には個人差があります。
アメリカでは14歳少女はエナジードリンク2本で死亡する案件がありました。

ではカフェインは摂取しない方が良いのかというと、そうでもありません。
カフェインには記憶力を向上させたり、脂肪の燃焼を促進する効果もあります。
上手に付き合っていくことが大切ですね。

コーヒーであれば1日3~4杯、紅茶なら5~6杯に収めておけばいいでしょう。
子どもや妊婦さんは許容量が少ないですので、もう少し控えておきましょう。

エナジードリンクはカフェインの含有量が多いですので、より注意しておきましょうね。

Sponsored Links




カフェインは元気の前借り?に対するネットの反応

前借りというよりリミッター外してる感じ
コーヒー5杯で震えが止まらなくなったことある
前借り認めるから返し方教えて
カフェインの取りすぎは本当に怖い!
俺も依存症なのかな・・・
反動でインフルみたいにしんどくなる時ある
休日はカフェイン断ちしてる
コーヒー飲むのが唯一の楽しみなのに
カフェイン断ちしてみたいけど難しい
もう少し早く知りたかった・・・

出典:Yahoo!ニュース (https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00000001-withnews-sci)

まとめ

カフェインは確かに元気の前借りのようなもので、実体験がある方も多いようですね。
しかしカフェインにはメリットもありますので、上手に付き合ってっきましょう。

カフェイン入りのエナジードリンクが体力を回復してくれることはありません。
どうしても頑張らなきゃいけない時以外は、ゆっくり休むことが体力回復の早道ですよ。

とはいえ現代では、中々休めないことが多いのかもしれませんね。

Sponsored Links




関連記事

  1. プール事故事例が毎年こんなに!なぜ減らない?

  2. 発がん性リスクを減らすコーヒーの飲み方とは?n

  3. 耳掃除はすべきでないにネットは炎上?「不潔だなぁって」「気持ち良かった…

  4. 沖縄麻疹流行で台湾観光客キャンセル相次ぐ!なぜ?「ウイルス持ち込んだ台…

  5. 熱中症対策にトマトジュースがいい3つの理由!最強はどれ?

  6. アマゾンプライムデー米国で遺伝子テストがなぜ最も売れたのか?海外の反応…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

人気記事

PAGE TOP