国際

防弾少年団Tシャツの海外の反応!アメリカはどう報じたか?

防弾少年団(BTS)が原爆Tシャツを着ていたという騒動に対する海外の反応を見ていきましょう。
この騒動をアメリカはどう報じたのでしょうか?

日韓問題は今までもいろいろありますが、海外での記事の書き方ひとつで、印象が変わってきます。
日本が悪者にされる時もありましたし、韓国が被害者ビジネスをしているという時もありました。
今回はどうなのでしょうか?
それでは、早速見ていきましょう。

この問題は長期化しそうだね。アンチはBTSの日本での活躍を絶対阻止したいし、既にファンの人はBTSがそういう思想を持っていると信じたくないわけで。
Sponsored Links




防弾少年団Tシャツの海外の反応は?

韓国の7人組ユニット防弾少年団(BTS)が原爆投下が描かれたTシャツを着ていたという問題。
愛国心」「私たちの歴史」「解放」「韓国」を意味する英語とともに原爆投下後のキノコ雲の写真と万歳する人々の姿がプリントされたTシャツを防弾少年団のメンバーが着用していたとされています。

メンバーが着ていたのは昨年3月のことでしたが、10月中旬に韓国のネットニュースで報道され明らかとなったようです。
日韓で騒ぎとなっていましたが、メンバーらはそうしたTシャツを着ていたかについてまだ言及していません。

ファンが知りたいのは、メンバーがそういう思想を持っているのかそうでないのかだと思うから本人たちのコメントが欲しい。デザイナーが謝罪したり、明らかに火消しをしているけど、原爆ブルゾンも出てきたしもう直接言及しかないよ

この問題に対してアメリカメディアは「K-POPバンドメンバー、論争を巻き起こすTシャツを着用」と題した記事を発表。
メンバーがこのTシャツを着ていたかは定かではないものの、日本のファンは侮辱されたと怒りをあらわにしていると報じています。
今回に関しては特に、日本よりでも韓国よりでもなく、ただ淡々と事実を報じています。
気になる人は出典よりニュース元をみてください。

ただ、それに対するアメリカ人等のコメントは気になるところであります。それぞれがどういう先入観でいるかが分かります。

防弾少年団Tシャツ騒動への海外の反応を見てみましょう。

うわ、世界の反対側で起きていることだけどこれは驚いた。
日本は第二次世界大戦で犯したすべての残虐行為を忘れたのか?
K-POPはしてはいけないことをしてしまった
日本からの独立を祝う韓国に何か問題が?
人々には自由を祝う権利がある
Tシャツにキノコ雲がなかったらましだったのに
私たちは戦争で民間人を殺したから第二次世界大戦の勝利を祝わない
原爆の使用は私たちの歴史上の黒い部分だ。祝うものではないし、日本人の人生に敬意を表す

出典:https://goo.gl/3VgoxV

ザっと見ると、いろんな意見があるね。偏ってない、という意味ではいいのかな…
Sponsored Links




BTSは年末番組もすべて白紙に

この問題を受けて防弾少年団は11月9日放送の「ミュージックステーション」の出演が見送られただけでなく、年末の音楽特番への出演もすべて白紙になったようです。

関係者によると大晦日の「NHK紅白歌合戦」は一時オファーを検討していましたが、すでに見送ったそうです。
フジテレビ「FNS歌謡祭」はすでに出演をオファーしていたものの撤回。
12月下旬放送予定の「ミュージックステーション・スーパーライブ」も出演案が消滅したとのことです。

現在ブームの兆しを見せる第3次韓流ブームは今後さらに加速する見通しとなっていただけに、今回の問題はブームの加速に水を差した形となりました。
今後再び日韓関係が悪化していくことが懸念されています。

まとめ

防弾少年団原爆Tシャツ着用問題への海外の反応をまとめてみました。
海外では賛否両論の議論が巻き起こっているようです。
日本ではすでにBTSのテレビ出演がすべて白紙になるなどの対応がされています。
今後日韓関係が再び悪化していく原因となるかもしれません。

BTSはいい印象だっただけに残念。でも真実を知りたいなあ。メンバーがそういう思想の人なのか、それとも衣装担当がたまたまそういう人だったのか。それによって印象が全然違う。

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. 米朝首脳会談シンガポールに中国の反応は?「軟禁される可能性は」「北京が…

  2. 豪州・中国の関係が悪化!なぜ親中派ターンブル首相が?

  3. 米朝首脳会談中止に中国の反応は?「クレイジーだ」「グッドジョッブ」

  4. ストロー規制に台湾でタピオカ論争!海外の反応は?「鼻で直接吸えば」「与…

  5. 英国がプラ製ストローやマドラーを全面販売禁止!なぜ?

  6. マレーシアの高速鉄道計画に日本の受注のチャンス到来?政権交代の影響は?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

人気記事

PAGE TOP