サッカー

ベルギーvs日本の予想まとめ!勝てる要素はあるのか?

勝つか、引き分けで、決勝トーナメント進出が約束されていた日本は、0-1でポーランドに敗れたものの、
セネガルに対しフェアプレーポイントで上回り、からくも、Hグループ2位で、決勝Tに進みました。
果たして強豪ベルギーに勝てる要素はあるのでしょうか?予想をまとめました。

Sponsored Links




ベルギーvs日本の予想をまとめ勝てる要素につき検討した

決勝トーナメント1回戦の相手は強豪ベルギーです。予想をまとめ、日本が勝てる要素を調べてみました。

まず、予選リーグでの各チームの結果をまとめました。

予選リーグのまとめ

この表も含め、ベルギーが圧倒的に有利な理由を見てみます。

ベルギー有利の6つの理由

1. 今大会での成績
予選リーグ3試合全勝で総合ポイントは9とウルグアイ、クロアチアと並んでトップ。
これに対し、日本はポイント4で、奇跡の予選リーグを通過したアルゼンチンと同じ最下位です。

2.予選リーグ1位通過が2位に比べて圧倒的に有利である。
決勝リーグでは、各組の1位が他の組の2位と戦うことで、1位はより弱い国を戦い、上位に勝ち進める確率が高いと言います。
事実、前回ブラジル大会では、グループ2位通過した国は1回戦で全敗となりました。
G組1位のベルギーがH組2位の日本より有利であると予想されます。

3. FIFAランキング
大会直前のFIFAランキングで、ベルギー3位に対し、日本61位です。
今大会日本は16位のコロンビアに勝ったものの、8位のポーランドに敗れています。

4.休養
第3戦のイングランド戦では、すでに決勝トーナメント進出を決めていたため、
チーム得点王のFWルカクやエースのE・アザールら9人を交代させ、
主力は十分な休養を取っていると考えられます。

5.これまでの日本とベルギーの対戦成績
2勝1敗2引き分けだが、今のチームになって直近の試合は国際親善試合でのベルギー1―0日本
(17年11月14日・ブルージュ)であり、他はほぼ5年以上前の結果で参考になりません。

6.ブックメーカーのオッズ
bet365のオッズでは
ベルギー:引き分け:日本=1.4:5.00:9.00
となっていて圧倒的にベルギー有利です。

日本が勝てる要素は?

日本が勝てる要素とは

1.ベルギーメンバーの負傷
チュニジア戦でともに負傷交代し、イングランド戦に出場しなかった攻撃の2枚看板
アザールとルカクがその後の負傷の程度がどうなのかが戦力に影響します。

特に2試合連続2得点と大活躍しているルカクの状態が気になります。
11月の試合でも1得点を入れたのはルカクでした。

2.11月のベルギー戦との日本代表メンバーの違い(太字は11月ベルギー戦出場)
■ロシアW杯日本代表メンバー
監督 西野朗
▽GK
1 川島永嗣(メス)
12 東口順昭(G大阪)
23 中村航輔(柏)

▽DF
2 植田直通(鹿島)
3 昌子源(鹿島)
5 長友佑都(ガラタサライ)
6 遠藤航(浦和)
19 酒井宏樹(マルセイユ)
20 槙野智章(浦和)
21 酒井高徳(ハンブルガーSV)
22 吉田麻也(サウサンプトン)

▽MF
4 本田圭佑(パチューカ)
7 柴崎岳(ヘタフェ)
8 原口元気(デュッセルドルフ)
10 香川真司(ドルトムント)
11 宇佐美貴史(デュッセルドルフ)
14 乾貴士(ベティス)
16 山口蛍(C大阪)
17 長谷部誠(フランクフルト)
18 大島僚太(川崎F)

▽FW
9 岡崎慎司(レスター・シティ)
13 武藤嘉紀(マインツ)
15 大迫勇也(ブレーメン)

ハリルホジッチ監督から西野監督への交代が一番大きいのですが、西野監督が招集した本田圭佑、香川真司は、
それぞれ、1戦目、2戦目で得点を挙げていることから、新たに参加した選手がどのような働きをするか、
また西野監督が彼らを含めたメンバーをどう使うかで、11月とは違った結果が出ることが期待されます。

3.有終の美を飾りたいとの思い
ポーランド戦の終盤でのボール回しに、多くの批判が集まりました。決勝トーナメントに行くという結果がすべてで、
戦略的な決断こそすばらしいという意見もありますが、観客のブーイングなど、選手監督にとっては、
決勝トーナメントで、これぞ日本代表という姿を見せないと、コロンビア戦の予想を覆す勝利から始まった今大会が尻すぼみになりかねません。

これが、勝利、少なくとも、善戦したと言われる試合をするための大きなモチベーションになるのではと思えます。

次にベルギー戦に関する日本のネットの反応を見てみましょう。

Sponsored Links




ベルギー戦に関するネットの反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

ベルギーがめちゃめちゃ強いこと、全体のレべルから見て日本が圧倒的に不利なことはファンも先刻承知しているようです。
それでこそ、何とかしてもらいたいという強い気持ちが伝わります。

まとめ

日本代表にとって、厳しい予想が圧倒的ですが、第1戦目のようにこういう時こそ、
力を発揮するのが、今の西野ジャパンではないでしょうか?

アジア最終予選を首位で突破しながら、2017年11月のベルギー戦での敗戦が
ハリルホジッチ監督の電撃解任の一因ともなったという因縁もあります。

どのような戦いぶりを西野監督率いる日本代表が見せるのか、
これが最終的にハリルホジッチ電撃解任への回答となるように思えます。

日本ファンとしては、再び、大勢の予想を覆し、第2戦、第3戦でのモヤモヤを
一気に吹き飛ばす展開を期待したいと思います。

Sponsored Links




関連記事

  1. 神戸移籍のイニエスタにW杯ロシア大会は3つの節目に!活躍は約束されてい…

  2. フランスが優勝のワールドカップに海外の反応は?「勝つべくして勝った!」…

  3. 本田圭佑はなぜカンボジア代表監督兼を選んだのか?3つの理由を推測してみ…

  4. ベルギー対ブラジル戦の海外の反応!「オウンゴールの人国に帰れる?」「ク…

  5. セネガルvs日本戦ドローへ海外の反応は?日本の守護神が叩かれすぎている…

  6. 金崎夢生とチャンスンヒョンがトレードか?移籍金は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

人気記事

PAGE TOP