事件・事故

アメフト日大反則事件は全米プロ報奨金スキャンダルとどこが違うか?

アメリカンフットボールの日大と関学大の定期戦で、日大の選手が悪質な反則を行い、関学の選手が大けがをした事件が起こりました。
全米プロNFLではニューオーリンズ・セインツが引き起こした報奨金スキャンダルが有名です。両者の違いと類似点を見てみましょう。

Sponsored Links




アメフト日大反則事件と全米プロ報奨金スキャンダルの類似点

この問題で、日大の関係者が「今回のプレーは監督からの指示でやってしまったものだ」と証言したなどの話も伝わってきています。

全米プロ・セインツ報奨金スキャンダルとはどんな事件でしょう?(Wikipedia参照)

全米プロ・セインツ報奨金スキャンダル

全米プロニューオーリンズ・セインツで、2012年に明らかになった事件で、セインツのディフェンス選手が相手チームのプレーヤーに
怪我を負わせば、報奨金を支払うシステムを、2009年から2011年に運用していたというものです。

事件が明らかになった後、北米のプロスポーツの歴史におけるゲーム内での不正行為の中で最も厳しい処罰を下されました。

直接関与したペイトンヘッドコーチが1年間の出場停止処分(2012年)を受け、チームは50万ドル(約5000万円)の罰金を科されました。

最大の問題は、相手側のスター選手たちを系統的にかつ日常的に負傷させることを目的として、コーチのレベルで体系的に組み立てていたことにありました。

22〜27人のセインツのディフェンス選手が関与し、前週の試合のパーフオーマンスに基づいて現金を受け取っっていました。

例えばNFCチャンピオンシップの試合でミネソタ・バイキングを破った試合では、セインツの二人のフェンス選手が、
バイキングの司令塔クォーターバック・ブレット・ファーヴを負傷させようと、膝下を蹴り、足首の負傷で退場させました。

バイキングのコーチは後に、セイントがファーヴを少なくとも13回故意に襲ったと語っていました。

「カートオフ」(ストレッチャーやカートに乗せて、フィールドから対戦相手選手を退出させる)と
「ノックアウト」(相手選手がゲームの残りを出場できなくする)でボーナスが出ることにもなっていました。

今回は学生リーグでプロではないので、まさか現金の授受はなかったと思われますが、もし監督やコーチにより、
組織的に相手選手を負傷させることが行われていたとすると、とんでもない問題で、日大チームの存続にかかわってくると思われます。
次にネットの反応を見てみましょう。

Sponsored Links




事件へのネットの評価は?

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

ボールを投げ終えた無防備な選手を背後からタックルして負傷させるというこの動画を見た者は、
これは反則のレベルではないと怒り心頭に達します。さらに、これが組織的に行われていたとしたらと考えるとぞっとします。

まとめ

引き起こした個人が責められるのは、当然ですが、
もし、全米プロの事件と同様日大がチームとして行っていたとすると、重大な問題となります。

いくら激しいスポーツの代表のアメフトと言っても勝つためには、
どんな手段をとっても良いなどありえないことです。

今回の事件をきちんと解明し、今後このようなことが起こりえないようにしないと、
アメフトはもちろん日本のスポーツ界全体に暗い影を与えることになります。

Sponsored Links




関連記事

  1. レオパレス21の建築基準法違反発覚は「ガイアの夜明け」のお手柄?

  2. 東京医科大の女子受験生差別問題が炎上!必要悪との理由は正当か?

  3. 不正指令電磁的記録作成等罪とは?マイニングにPC無断使用で初立件!

  4. カリスマ山根vs狂犬加藤の生中継どうだった?ネットの反応まとめ「放送事…

  5. 水の事故子どもより高齢者?川より海?夏に交通事故の1月分も!

  6. 日大はなぜ巨人とオフィシャルスポンサー契約を結んでいたのか?解除へのネ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

人気記事

PAGE TOP