サッカー

日本パラグアイに逆転で快勝!立役者乾貴士のスペインでの高評価とは?。

W杯ロシア大会前の最後の強化試合パラグアイ戦で、日本はMF乾貴士の2得点などで、逆転、快勝しました
。立役者となった乾(ベティス)のスペインでの高評価とはどんなものか見てみましょう。

Sponsored Links




日本パラグアイに快勝の立役者乾貴士の高評価とは?

乾貴士(いぬい たかし)は1988年6月2日生まれの、30歳で、2007年に横浜F・マリノスでプロデビューし、
セレッソ大阪、ドイツのVfLボーフムとフランクフルトを経て、2015年8月27日、スペインのエイバルへ移籍しました(Wikipedia参照)。

憧れのスペインの地で、エイバルの人情味あふれるメンディリバル監督に出会った3年間が乾貴士を大きく成長させたようです

監督だけでなく、MFとしてチームの主力となり、ファン・サポーターにも絶大な人気を誇っています。

契約満了だったメンディリバル監督の去就が不透明だったこともあり(最終的には1年延長して残留)、結局巨額の契約金を提示した、
同じくスペインのレアル・ベティスと2021年までの3年契約を締結し、移籍しました(2018年6月1日)が、
契約延長のオファーをもらった日本人リーガーは、エイバルで活躍する乾が初めてだったということです。

ホーム最終戦でも決勝点を演出し、エイバルを勝利に導きました。試合後はバックスタンドから
「INUI乾ありがとう」と日本語で書かれた横断幕をもらい、チームメイトからは胴上げされました。
監督、チームメイトだけでなく、エイバルサポーターにも、強く支持されています。

本人も、エイバルでの3年間を振り返り、「終わってみれば悲しいっていうより、楽しかった思い出が多かった。
この3年間、このスタジアムでこのサポーター、この監督、このチームメイトに恵まれたことっていうのはすごく自分にとって大きいこと。
ここでできたことは多分、一生忘れないと思いますし、宝物になると思う。また違うステージには行きますけど、
ここでやってきたことをまた違うところでもやれればいいかなと思っています」。と感謝と自身の成長について語っていました。

エイバルでの3シーズン、78試合で9得点だが、移籍時には問題のあった守備を克服し、献身的な守備を評価され、
攻撃の起点となるプレー、最後まで走り続ける運動量、チームへの適合などチームとして広く評価されていました。

次に今回の乾の活躍にネットの反応を見てみましょう。

Sponsored Links




乾貴士へのネットの反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

この試合の乾貴士と香川真司の活躍に、セレソサポ-タが大喜びです。
何しろ、得点が入らなかった西野ジャパンにW杯直前になんとか希望の光を灯したのですから。

まとめ

乾貴士にとってメンディリバル監督とであったエイバルでの3年間が、彼を大きく成長させ、
エイバルからもレアル・ベティスからも是非と望まれる高い評価のMFとなったようです。

あこがれていたスペインの地もファンを含め、彼に合っていたのかもしれません。
是非この西野ジャパンの希望の灯を、コロンビア戦以降のW杯本番で、燃え上がらせてほしいと思います。

Sponsored Links




関連記事

  1. ベルギー対ブラジル戦の海外の反応!「オウンゴールの人国に帰れる?」「ク…

  2. イニエスタのすごさとエピソードを3つ紹介!スペインサッカーを最強に導い…

  3. なでしこボール回しでW杯出場権獲得に賛否両論!「卑怯な作戦」「逃げでは…

  4. アルゼンチンやはりメッシ頼み!初ゴールでの決勝トーナメント進出に海外の…

  5. FIFAワールドカップのNHK放送テーマソングを歌うSuchmosとは…

  6. クリストファー・ロサレスvs比嘉大吾の予想は?戦績とともにまとめてみた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

人気記事

PAGE TOP