事件・事故

痴漢撲滅ポスター2018作成の愛知県警のこれまで!反応まとめ「推定有罪」「とても日本的」

2018痴漢撲滅ポスター「あの人、逮捕されたらしいよ。」を弁護士が批判し、ネット上でも共感が集まっています。
作成した愛知県警察のこれまでのポスターを調べてみました。

Sponsored Links




愛知県警作成の痴漢撲滅ポスター2018とこれまで

2018痴漢撲滅ポスター「あの人、逮捕されたらしいよ。」を弁護士が批判し、ネット上でも共感が集まっています。

愛知県警鉄道警察隊が6月1日から始めた2018年度の「痴漢撲滅 キャンペーン」のポスターに
載ったキャッチコピー「あの人、逮捕されたらしいよ。」が批判を受けています。

「これからの季節は本格的な夏を控え、衣服が軽装になり始め、女性を狙った列車内の痴漢や盗撮などの悪質な犯罪が多く発生します。
また近年、多機能型携帯電話(スマートフォン)の利用者が増え、それによる盗撮被害が増加しています。
鉄道警察隊では鉄道施設の安心・安全な環境を確保するため痴漢撲滅キャンペーンを開催します。」とホームページではその趣旨を述べています。

このポスターに対し、推定無罪が原則のはずの痴漢の被疑者に対して、見た人に誤解を与え偏見を助長する、
逮捕の段階で、すでに裁判で有罪が確定したかのような表現が使われているとの批判が弁護士から出ており、ネット上でも共感を呼んでいます。

ポスターの問題の箇所

「あの人、逮捕されたらしいよ。」という見出しとそれに続く、二人の女性の会話の中で、問題ある部分を抽出しますと。

「気持ち悪 軽蔑だわ 性犯罪者じゃん」
「・・・・そんな人に見えなかったわ」
「仕事もクビになるよねー。家族も悲しむだろうなあ」
「そりゃそうだわ 私は一生関わりたくない」

これが、逮捕されたことがイコール犯罪者(有罪確定)と扱われ、たとえ逮捕されても裁判で有罪が確定するまでは、
「罪を犯していない人」として扱わなければならないという「推定無罪の大原則」を踏みにじることを助長しているというものです。

愛知県警の「痴漢撲滅 キャンペーン」ポスターについては、アニメ系男女の絵を使った
なんとも印象的なポスターで、毎年と言ってよいほどネット上で話題を呼んできました。

愛知県警のこれまでのポスター

<2014>
https://twitter.com/takolukasan/status/469611601520123905/photo/1
「痴漢が逆に増えそうで迷惑。やめてください!」
<2016>
http://girlschannel.net/topics/760290/
「乙女ゲーみたいだ」「ふざけすぎだ」
<2017>
http://blog.esuteru.com/archives/20014669.html
「冤罪が増えそうな悪寒」「痴漢冤罪防止の張り紙も作れ」

今年のポスターは例年以上に問題が大きく、特に最近痴漢冤罪事件もよく報道されていることから、大きな批判を生んでしまいました。

先日、NHKのテレビ番組で、逆転人生「えん罪・奇跡の逆転無罪判決」を見て冤罪の恐ろしさを実感しました。
コンビニでの強盗事件で冤罪となったミュージシャンが、302日拘束され、逆転無罪判決を勝ち取るのに2年かかったというものです。
「奇跡」というのは、日本では、起訴された被告人が有罪になる確率は99%以上だからです。

どれだけ無罪の証拠をそろえても、一旦起訴すると、検察は、あくまで有罪に持ち込もうとする執念に驚かされました。
しかも、無罪になってから国に損害を求めても認められるのが20%に満たず、
かかわった警察や検察の罪もほとんど問われることがない点にさらに驚かされました。

また、痴漢冤罪の事件を扱った映画「それでもボクはやってない」も数年前に随分話題になりました。

次の今年のポスターへの批判についてネットの反応を見てみましょう。

Sponsored Links




ポスター批判へのネットの反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

このポスターに対して酷すぎるとの批判的な意見が圧倒的でした。

まとめ

愛知県警の前年より大きなインパクトをキャンペーンポスターにとの狙いが、今回の勇み足を生んだのかもしれませんが、
こと被疑者の人権にかかわるだけに、慎重であってほしかったと思います。

痴漢にあった女性の8割が声をあげられない現状を何とかしたいということで、警察も頑張っている結果だと思いますが、
痴漢で捕まっただけで、それこそ被疑者は仕事もクビになり、家庭も崩壊することになりかねません。

警察は、推定無罪の原則を頭において、キャンペーンをするにしても冤罪を増すようなことがないように配慮すべきだと思います。

Sponsored Links




関連記事

  1. 日大はなぜ巨人とオフィシャルスポンサー契約を結んでいたのか?解除へのネ…

  2. レオパレス21の建築基準法違反発覚は「ガイアの夜明け」のお手柄?

  3. 平尾容疑者はなぜ海を泳いで渡れたか?潮流、水温、気象を調べて分かったこ…

  4. アメフト日大反則事件は全米プロ報奨金スキャンダルとどこが違うか?

  5. 大阪北部震度6弱地震の現状は?6月18日災害日誌を公開!

  6. タイ洞窟の構造と少年救出方法は?「潜水に挑むか、4カ月待つか」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

人気記事

PAGE TOP