国際

米朝首脳会談の行方は?強硬派ボルトン補佐官は姿を現すか?n

米朝首脳会談の阻止を狙ったとされるボルトン補佐官の「リビアモデル」言及にトランプ大統領が激怒し、彼を北朝鮮問題から外したと報道されています。
一方シンガポールにボルトン補佐官が現れ、会談の行方に影響を与えるのではとの見方もあります。

Sponsored Links




米朝首脳会談の行方はどうなるか?ボルトン補佐官現る?

ボルトン補佐官の「リビアモデル」発言は北朝鮮との対話を意図的に妨害するための計画的な試みで、
報道番組とのインタビューで刺激的な発言をしたものだったとも報じられています(CNN参照)。

この発言は、米朝首脳会談を中止することもあり得るとの北朝鮮の大きな反発を招き、5月24日には、
トランプ大統領の米朝首脳会談を取り消すという書簡にまで発展し、一時、会談中止の危機に陥りました。

発言はポンペオ国務長官も激怒させて、トランプ大統領がボルトン補佐官を米朝首脳会談の準備だけでなく、
北朝鮮と関連する問題全般から外すことになったといわれています。

それ以降、ボルトン補佐官の米朝首脳会談と関連した発言は報道されず、ポンペオ長官と会談した
金英哲労働党副委員長兼統一戦線部長のトランプ大統領との面会の席にも、ホワイトハウス安保補佐官でありながら、姿を見せていません。

但し、ボルトン補佐官の「リビアモデル」発言に続いて、ペンス副大統領も北朝鮮に対し、
トランプ米大統領を欺こうとするのは大きな間違いだと警告し、リビアモデルを持ち出していました。

これまで、ペンス副大統領がトランプ大統領の意に反した発言をしたことはなく、この一連のホワイトハウスの行動が、
北朝鮮を威嚇して、会談を有利に進めるための、仕組まれた芝居だったとの可能性もあります。

CNNは、専門家の見方として、シンガポールで突如ボルトン氏が再び姿を現す可能性について指摘しています。
トランプ大統領がボルトン氏を指さして、北朝鮮に言うことを聞かないなら彼に任せるぞと脅す作戦もありうるのではということです。

ボルトン補佐官外しへのネットの反応を見てみましょう。

Sponsored Links




ボルトン外しへのネットの反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

強硬派ボルトン補佐官が外れることで、北への最大限の圧力を主張してきた日本政府の対応を懸念する声が出ています。
ボルトン補佐官の今後や、大統領が外した意図については見方が様々です。

まとめ

先の読めないトランプ大統領の発言で、米朝首脳会談の行方が混とんとしています。
もし、一連のボルトン騒動が大統領のち密な作戦であれば、
シンガポールにボルトン補佐官が現れて、一定の役割を果たす可能性もあります。

ボルトン騒動が、ボルトン補佐官のトランプ大統領の反応の読み違いだったのか、
ボルトン起用が、トランプ大統領の思いつきだったのか、それともディールが得意だと自負している
大統領のち密に寝られた作戦だったのか、それは12日の会談ではっきりすると思われます。

いずれにしても、北朝鮮が最も嫌がる人物がボルトン補佐官であることははっきりしています。
トランプ大統領がボルトン補佐官をうまく使うのか、
それとも、選挙を第一優先として、
当面の形式的な成果だけを狙うのか12日の会談が注目されます

Sponsored Links




関連記事

  1. 北朝鮮の鉱物資源開発競争が南北和解でスタートか?「一番大化けするかも」…

  2. 米朝首脳会談シンガポールに中国の反応は?「軟禁される可能性は」「北京が…

  3. マレーシアの高速鉄道計画に日本の受注のチャンス到来?政権交代の影響は?…

  4. 英国がプラ製ストローやマドラーを全面販売禁止!なぜ?

  5. 米朝会談破談の可能性は?中国の反応と見方は?

  6. 南北首脳会談2018への海外の反応「韓国は幼稚だな」「東北アジアがぐん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

人気記事

PAGE TOP